楽しい株主優待&配当

  1. TOPページ
  2. ニュース&コラム
  3. LINE証券の「株のタイムセール」は儲かる?実際に試してみました!

LINE証券の「株のタイムセール」は儲かる?実際に試してみました!

投稿:2020/04/17 

LINE証券のタイムセールキャンペーンはどれだけ儲かるか?

2022年12月現在の
タイムセール利益

+18,318円

LINE証券でゲリラ的におこなわれる「タイムセールキャンペーン」をご存知でしょうか?このタイムセールをうまく利用すると、低リスクで利益を出せるかもしれません。

私も実際にタイムセールキャンペーンに挑戦し、利益が着実に増えてきている状況です。その手順と結果をまとめてみたので、ぜひご参考ください♪

次回のタイムセールスケジュール

■2022年2月のタイムセール日時確定!
【日程】
2月3日(木)2月17日(木)
【参加条件】
・参加条件は現在未定です。発表され次第更新します。

管理人のタイムセール参戦記録

これまでのタイムセールの参戦記録をまとめていきます!ぜひ参考にしてください♪

月日 企業名 購入価格 株数 売却価格 利益
最新
1/13
三菱商事 3,643.8円
7%引
9株 3,849.1円 1,846円
'21/
10/21
京セラ 6,208.7円
7%引
5株 6,676.6円 2,339円
'21/
9/9
KDDI 3,622円
3%引
7株 3,697.5円 528円
'21/
8/12
本田技研工業 3,492円
3%引
9株 3,579.8円 790円
'21/
7/8
東海旅客鉄道 16,650.1円
3%引
2株 16,901.1円 501円
'21/
6/10
三井物産 2,373.4円
7%引
13株 2,531.4円 2,053円
'21/
3/4
伊藤忠商事 3,111.8円
7%引
5株 3,329.3円 1,087円
'20/
10/22
エムスリー 6482.1円
7%引
3株 6,846.2円 1,091円
'20/
8/31
資生堂 5,862.5円
5%引
4株 6,184.9円 1,289円
'20/
8/20
メルカリ 4,575.6円
7%引
5株 4,922.4円 1,734円
'20/
7/30
楽天 913.3円
7%引
25株 983.5円 1,755円
'20/
5/28
武田薬品工業 3,871.6円
7%引
5株 4,144.9円 1,366円
'20/
4/16
リクルートHD 2,570.6円
7%引
5株 2,958.5円 1,939円

2022年1月13日に買った「三菱商事」株を翌日売りました!今回は利益が1,846円でした^^♪これまでの合計利益は18,318円となりました!

LINE証券 タイムセール参戦の購入記録

LINE証券 タイムセール参戦の売却記録

参考記録として、以前に購入したときの動画もありますので、ぜひご参考ください。

株のタイムセールキャンペーンとは?開催頻度は?

タイムセールキャンペーンは、LINE証券が指定する銘柄を割引価格で買えてしまうという、今までになかった斬新なキャンペーンです。

タイムセールは2021年6月現在までに20回以上開催され、投資家からも好評を得てきました。割引率はランダムで決定され「3%」、「5%」、「7%」のうちのどれかとなります。

ひっきー

こうしたゲーム要素が強いのもこのキャンペーンの面白いところですね。

また、このタイムセールは決まった日に開催されません。LINE証券のTwitterアカウントなどで事前に告知され、月に1回程度の頻度でゲリラ的におこなわれます。

LINE証券 タイムセールキャンペーンのスケジュール

ゲリラ開催なので「タイミングがあわなかった」という人や、「セールに気づかなった」人も一定数いるでしょう。しかし、裏を返せばそれがチャンスともいえます。Twiiterなどの情報に目を光らせて、事前に気づいたらぜひチャレンジしてみましょう!

どれだけ儲かるのか?

さて肝心の「どれだけ儲かるのか?」というところですが、2020年4月16日におこなわれたキャンペーンを例にみていきましょう。

ちなみにLINE証券で株を買う場合、通常は取引コストがかかりますが、タイムセール中の間は無料となります。

ひっきー

まず4月キャンペーン参加時の割引率ですが、私は運よく7%の割引率となりました。そして、タイムセールの対象銘柄は下記の5銘柄となっていました。

LINE証券 タイムセールキャンペーンの対象銘柄

株価が高い銘柄の方が割引額が多くなるので、この場合は「信越化学工業」を買えれば、利益も多く出るということになります。

人気銘柄は早いもの勝ち!

しかし、ここで悲しいお知らせです。じつはこのタイムセール…取り扱い上限数が存在します。取扱上限数に達すると、その銘柄を買えなくなってしまうのです。

そして私もスクリーンショットを取っている間に、他の投資家に先をこされてしまい、一番株価の低いリクルートHDしか選べなくなってしまっていました…。

このキャンペーンでは、あまり迷わずにサッと決めて買う方がよさそうです。

実際に購入した画面がこちらです。本来の株価は2,764円ですが、そこから7%引きの約2,570円で購入できていることがわかります(もちろんMAXの5株を購入しています:合計12,853円)。

タイムセールキャンペーン 株の購入画面

そして翌日の4月17日の朝に売却した画像がこちらです。

タイムセールキャンペーン 株の売却画面

前日に合計12,853円で購入して、14,792円で売却できたので、その差分の1,939円が利益となります。低リスクでこれだけ利益が出るのであれば、チャレンジしないともったいないですね!

運がよければもっと利益がでていた

さて、このタイムセールでどれくらいの利益が出るか、肌感覚でお分かりいただけたかと思います。

ただ惜しかったのはリクルートHDしか買えなかったという点ですね…。

ひっきー

ちなみに「一番株価の高かった信越化学工業」が買えていたらどうなっていたかを計算してみましょう。

信越化学工業の株価は11,235円ですが、そこから7%引きの約10,449円(5株合計 = 52,495円)で購入できているはずでした。そして翌日の始値が11,655円(5株合計 = 58,275円)なので、この価格で売却できていれば、なんと5,780円が利益となっていました。

ひっきー

わずかな手間でこれだけ儲けることができるなんて、なかなかパフォーマンスの高いキャンペーンですよね!みなさんもぜひチャレンジしてみてください♪

割引率が3%だと利益が出ない確率もそこそこありますが、5%・7%となってくると、逆にかなりの確率で利益が出るので、実質的に現金プレゼントキャンペーンといっても差し支えないのではないでしょうか。

少なくとも私は今回試してみて、なかなか割に合うキャンペーンだなと感じました^^ 今後も継続的にキャンペーンが実施される可能性が高いので、早めに口座を作っておいた方がよさそうです♪

ページ上部へ移動