楽しい株主優待&配当

  1. TOPページ
  2. ニュース&コラム
  3. 株式取引管理アプリ「カビュウ(株iew)」でできることをまとめました!

株式取引管理アプリ「カビュウ(株iew)」でできることをまとめました!

投稿:2021/04/15 

個人投資家に人気のカビュウ(カビュウ)

いくつかの証券口座を使って取引をしていると、取引履歴やポートフォリオの確認が面倒になるのが投資家の悩みのタネですよね。

そういった悩みを解決するために、各証券会社の情報を1つに集約するアプリが近年登場しています。

そのなかで、近年知名度を上げているアプリがカビュウ(株iew・kaview)です!具体的にどういった機能が使えるのかを詳しく解説します♪

株式取引情報を一元管理できる

カビュウをインストールする

登録証券会社1社は無料
機能拡張には課金が必要です。

カビュウとは

株式取引管理アプリ「カビュウ(カビュウ)」とは

カビュウは、株式会社テコテックが提供する株式取引管理アプリで、サービス内で登録した証券会社を横断して情報収集し、アプリ内で取引履歴などを一元管理できる画期的なサービスです。

同社では、以前「マイトレード」という同じようなサービスを提供していましたが、2020年に提供を終了。カビュウはその内容を引き継ぐ後継アプリという位置づけとなっています。

対応スマホはiPhone・Androidの両方となっているので、OSに左右されず、誰でもかんたんに利用できる手軽さが魅力です。

一方で株式などの情報を扱うことから「安全性・信頼性」などが気になりますが、マイトレードはNTTドコモと協同で提供していたという経緯があるので、ある程度担保できていると言っていいでしょう。

カビュウで利用できる機能

カビュウで具体的に利用できる管理機能は下記となります。

  1. ポートフォリオ
  2. 資産推移
  3. 取引履歴
  4. 損益一覧
  5. 損益推移
  6. 信用返済期限/信用維持率
  7. 米国株式(カビュウプライムのみ)

カビュウ(カビュウ)で利用できる機能

このように、これまでは各証券会社にログインして見なければいけなかったような情報も、アプリ側で横断して一括管理できるようになっています。

ただし、どの証券会社でも情報収集できるわけではなく、カビュウに登録できる証券会社でなければなりません。登録できる証券会社は以下の通りです(2021年11月現在)

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • auカブコム証券
  • 松井証券
  • GMOクリック証券
  • マネックス証券
  • SMBC日興証券
  • 野村證券
  • 大和証券

ネット証券を中心として利用できますが、PayPay証券やLINE証券を代表とするスマホ証券は利用できない点は注意が必要です。

カビュウの利用料金・プラン

カビュウでは3つの利用パターンが想定されています。

  1. 無料利用
  2. 機能スポット購入
  3. カビュウプライム(プレミアムプラン)

①無料利用

インストールをした当初の状態にあたります。カビュウを月額無料で利用できる代わりに、使える機能は大幅に制限されているのが特徴です。

②機能スポット購入

①の無料利用状態に加えて、いくつかの機能を月ごとにポイントで買うパターンです。下記の画像のように機能ごとに料金が設定されており、必要な機能のみをトッピングのように追加できます。

カビュウ(カビュウ)は株式取引情報をみえる化してくれる

③カビュウプライム(プレミアムプラン)

2021年4月からスタートした月額制のプランとなります。月額980円を支払えばカビュウの全機能を利用できます。

お試しとして、初月のみは無料で利用できるので、検討している人はぜひ試してみましょう♪

カビュウのメリット

メリット1:自動の一括管理で時間の節約につながる

メリットはなんといっても複数証券口座の一括管理ができることです。証券口座をひとつひとつ確認することなく、手元のアプリがあればすべてを見通せるのは資産管理の上でとても有益です。

また、アプリ側で自動的に情報を収集してくれるので、これまでかかっていた管理の時間がかからず、その時間を投資の勉強にあてることもできます。

メリット2:見える化してくれる

カビュウ(カビュウ)は株式取引情報をみえる化してくれる

ほとんどの証券会社では投資成績は数値での情報でしかありませんが、カビュウではその情報を加工し、グラフなどのわかりやすい形で見える化してくれます。

グラフ表示による投資へのモチベーションアップ効果も期待できますが、なによりも「ひと目で投資成績がわかる」というメリットは大きいものです。

カビュウのデメリット

デメリット1:一般口座とNISA口座には対応していない

とても便利なカビュウですが、もちろんデメリットもあります。まずひとつ目は2021年4月現在、カビュウは一般口座とNISA口座には未対応となっている点です。

アプリを入れていざ使おうと思っても、特定口座の人でないと利用できない点は注意が必要です。

ひっきー

ちなみに、2021年10月よりSBI証券と楽天証券に限り、投資信託(つみたてNISA)の表示対応をはじめました。

デメリット2:そのままでは機能の制限がある

2つ目のデメリットは、インストールしただけの無料範囲では機能の制限があることです。無料範囲でできることは「1つの証券会社登録」、「1か月分の履歴確認」などに限られてきます。

それ以上に機能を拡充して利用するには「ポイントで機能をスポット購入」したり「プライム会員になって全機能を使う」という方法を取らなければいけません。

その場合、月額150円~980円程度はランニングコストでかかってくることを覚えておきましょう。

分析に時間をかけたくない人におすすめ!

複数の証券会社で投資をしている人は、自身の投資成績を見るにも証券会社ごとにログインなどの手間が発生し、煩わしいものとなります。

しかし、カビュウを使えば、1つのアプリ内で複数証券口座をまとめて確認でき、分析にかける時間の効率化ができます。

投資成績の確認・把握に時間をかけず、効率化したい人にはとくにおすすめのサービスです♪

株式取引情報を一元管理できる

カビュウをインストールする

登録証券会社1社は無料
機能拡張には課金が必要です。

個人投資家には喉から手がでるほど欲しい一元管理機能。それを実現しているカビュウはかなり魅力のあるサービスといえます。

ただし、毎月のコスト発生や、証券会社が限られることを加味すると少し人を選んでしまうかなといった印象があります。

一方で多少のコストは気にせず、管理時間を減らしたいと思っている人にとっては検討する価値があるアプリといえるのではないでしょうか。

複数の証券口座を使うことが当たり前の時代ですので、このようなアプリをインストールするのも一つの手ですね♪

ページ上部へ移動