PC表示スマホ表示
ネット証券の口座を複数作るメリット
トップ証券会社 > ネット証券の口座を複数作るメリット

ネット証券の口座を複数作るメリット




複数の口座を使うことで得られる“5つ”のメリット

証券口座は「取引をするためだけのツール」ではありません。口座を持っているだけで「有益な情報やサービスを提供してくれるツール」として、投資家のサポートをしてくれる心強い味方です。また、家族で口座を複数持つことで「もらえる優待を2倍以上にふやす」こともできます。もちろん、証券会社によって提供しているサービスやツールは違いますので、私は複数の証券口座を持つことをおすすめしています。複数の口座を持つことで、目的別に証券口座を使い分けできるからです。



複数の口座を持つ5つのメリット

  • 1.家族で複数の口座を持つと、優待を有利に取得できる
  • 2.証券会社によって手数料が違うので、最適な条件を選べる
  • 3.口座を持つだけで「有益な情報」「独自のサービス」が得られます
  • 4.口座数が増える分、IPOの当選確率も上がる
  • 5.システム上のエラーなど、不測の事態に対応できる

 

1.家族で複数の口座を持つと、優待を有利に取得できる

優待画像

例えば『100株で優待品がもらえる』企業でも、200株保有しても『優待品が2倍』とはなりません。しかし家族それぞれの名義で口座を開設して100株ずつ株を保有していれば、2倍・3倍の優待をもらうことができます。一部の証券会社では、未成年の方でも口座を開設することができますので。みんなで協力すれば、少ない金額で、効率的に優待を有利に取得できます。この方法を使った投資方法はもらえる株主優待を2倍以上にする方法でくわしく紹介しています。

 

未成年でも口座開設ができる証券会社
証券会社名 特徴
SBI証券 ネット証券最大手。
楽天証券 各種取引で楽天スーパーポイントが貯まります。
マネックス証券 資産管理ツールなどが豊富にそろっています。
カブドットコム証券 優待取得に便利な一般信用取引が使えます。
松井証券 10万円までの売買手数料が無料!

 

2.証券会社によって手数料が違うので、最適な条件を選べる

全体的な株の取引手数料を見ると、ライブスター証券が圧倒的に安いです。次に安いのがGMOクリック証券カブドットコム証券です。そのあとSBI証券楽天証券などと続きます。

10万円までの取引手数料に限れば、松井証券の独壇場です。なんと約定代金10万円以下の売買手数料が無料です!キャンペーンではなく常に無料なのが驚きです。続いてライブスター証券(税抜:80円)、カブドットコム証券(税抜:90円)、GMOクリック証券(税抜:88円)となっています。手数料はできるだけ抑えて、余計なコストをかけないように投資していきたいですね。


主要ネット証券の手数料比較表《税抜き価格》2015年11月現在
証券会社名
(公式サイトへ)
株式売買手数料 詳細
10万円まで 30万円まで 50万円まで
松井証券
10万円以下無料
無料 無料
(300円)
500円 松井証券
マネックス証券
【限定】書籍プレゼント!
100円 250円 450円 マネックス証券
楽天証券
【限定】 3,000pプレゼント!
139円 341円 341円 楽天証券
GMOクリック証券
【限定】 4,000円プレゼント!
88円 241円 241円 GMOクリック証券
岡三オンライン証券
【限定】 3,000円プレゼント!
99円 350円 350円 岡三オンライン証券
ライブスター証券
【限定】書籍プレゼント!
80円 180円 180円 ライブスター証券
カブドットコム証券
【限定】 3,000円プレゼント!
90円 250円 250円 カブドットコム証券
SBI証券
【限定】 2,500円プレゼント!
139円 272円 272円 SBI証券


 

3.口座を持つだけで「有益な情報」「独自のサービス」が得られます

口座を持っているだけで、証券会社が出している情報を得ることができます。例えば、マネックス証券メールマガジンは内容が優れていて、勉強になることが多いです。また、楽天証券では、一定の条件を満たすだけで、楽天証券版の日経テレコンが利用できます。これを使うと、日経新聞・日経産業新聞などを無料で閲覧することができてしまいます。月々の購読料のことを考えると、この機能はかなり魅力的です!

 

証券会社独自のサービスに力を入れているのが、マネックス証券です。「MONEX LAB」(マネックスラボ)という資産管理が無料でできるツールが用意されています。例えばMONEX VIEW βは、ご自分の資産推移をグラフでチェックすることができます。また、MONEX CONNPASS βでは気になる銘柄を自動で分析し、リスク・リターンを数値で表示して投資のヒントを提供してくれます!この他にも投資初心者の方でも気軽に利用できるツールが用意されています。

 

4.口座数が増える分、IPOの当選確率も上がる

IPO(新規株式公開)は、どの証券会社からでも買えるわけではありません。IPO株は証券会社ごとに割り当てがあって、それぞれ株の配分数も異なります。たくさんの口座を持っている人が、たくさんの抽選を受けられるので有利になります。IPOに当選すると、かなりの確率で利益が出ます(IPO当選記録:累積+441.98万円)。
★詳しくは、『IPO(新規株式公開でおこづかい稼ぎ♪』をご覧になってください。

 

5.システム上のエラーなど、不測の事態に対応できる

2006年にライブドアショックが起きた時、とある証券会社のシステムがダウンしました。理由は、みんながパニックになって売り注文が殺到したので、システムがパンクしてしまったんですね。私は証券会社をその1社にしぼって取引していたため、証券口座にログインすらできず、ストップ安の餌食にあいました…。複数の証券会社に分散して資産を持っていれば避けれたことでした。
★詳しくは、『ライブドアショックから学ぶ(※やさしい株のはじめ方)』をご覧になってください。




複数の口座を使うデメリットは?

複数口座を作るデメリットは特に見当たりませんが、 しいて挙げるなら、口座を作るのが多少面倒なくらいです。 ただ、口座開設をすることは1回やっておけば後は手間がかからないので、 メリットを考えると作るに越したことはないでしょう。

 

どの証券会社がいいの?

最後に私のおすすめの証券会社をのせておきます。それは、松井証券(10万円以下の手数料が無料、メイン取引口座@)、ライブスター証券(全体的に手数料が格安、メイン取引口座A)、カブドットコム証券(優待タダ取り数が豊富)、マネックス証券(投資の知識を学ぶならココ)の4社です。


手数料の安い松井証券とライブスター証券をメインの取引口座として使い、優待タダ取りをする場合は松井証券とカブドットコム証券、投資の知識を高めたい場合はマネックス証券といった感じに使い分けるとバランスが良いかと思います。初心者の方はこの4つに口座を持っていれば十分です。


おすすめ証券会社
証券会社 特徴
松井証券 10万円以下の手数料が無料
優待タダ取りが可能
ライブスター証券 ・全体的に手数料が格安
カブドットコム証券 ・信頼の三菱UFJグループ
優待タダ取りが可能
マネックス証券 ・株初心者向けの投資教育サービスが充実
・未成年もOK


次のページでは、ネット証券人気ランキングを見ていきます。


ネット証券の手数料比較へ戻る | ネット証券人気ランキングへ進む→

ネット証券を状況別で比較
  ネット証券手数料で比較する   株主優待のタダ取りで比較する
  ネット証券人気ランキングで比較する   キャンペーン情報で比較する
  はじめて&少額取引で比較する   便利ツール(無料)で比較する
  新規公開株(IPO)で比較する