楽天証券

楽天証券の評判や詳細情報をご紹介

キャンペーンの内容

楽天証券の口座開設+楽天銀行の口座開設をして、マネーブリッジの登録、30,000円の入金などで、現金最大3,000円がもらえます。
2024年2月29日まで)

ひっきー

グループサイト「やさしい株のはじめ方」では、楽天証券・楽天銀行のキャンペーン内容をわかりやすくまとめています!ぜひご参考ください!

楽天証券は、楽天市場でおなじみの楽天グループのネット証券です。

その特長は「手数料が安い」、「投資情報やツールが充実している」、「投資信託や海外投資(海外ETF)にも力を入れている」などといった点で、総合的に優れた証券会社といえます。

また、日本で広く普及している「楽天ポイント」を投資に利用できることも強みの1つ。こういった点が投資初心者層に歓迎され、2023年4月には証券単体で国内最多となる口座開設数900万口座を達成しています。

楽天ポイントで投資ができる

楽天証券に口座開設をする

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

株式の売買手数料

1注文ごとの手数料<ゼロコース>
約定料金に関わらず 無料
1注文ごとの手数料<超割コース>
~5万円 55円
~10万円 99円
~20万円 115円
~30万円 275円
~50万円 275円
~100万円 535円
~200万円 1,013円
~300万円 1,013円
1日定額制の手数料<いちにち定額コース>
~10万円 無料
~20万円
~30万円
~50万円
~100万円
~200万円 2,200円
~300万円 3,300円

※各コースともに手数料は税込です。

ゼロコースに設定すると国内株式手数料がなんと無料になります!

楽天証券の手数料は、ゼロコースに設定すると国内株式売買手数料が無料になります

楽天証券は、2023年10月2日から国内株式の売買手数料が無料となる「ゼロコース」をスタートしました。

国内株式の手数料無料化はSBI証券に次いで国内2例目となり、投資家にとってはうれしいニュースとなりました。

ひっきー

対象取引は現物取引・信用取引・かぶミニ®となっています。「超割コース・いちにち定額コース」に設定中の人はゼロコースへの変更が必要になるので注意しましょう!

口座の開設方法

これから証券口座を作る人のために、「口座開設~株取引」までをサポートするページを用意しました。

実際の画像と一緒に解説していきますので、まだ口座を作っていない人は参考にしてください(グループサイトの「やさしい株のはじめ方」に移動します)

  1. 目次
  2. 口座開設
  3. 入金
  4. 株の買い方
  5. 株の売り方
  6. 出金

取引ツール・おもな特長

楽天証券は当サイトでもトップクラスの人気を誇る証券会社です。

手数料の安さだけでなく「楽天カード」や「楽天市場」で獲得したポイントを投資で利用できるといった点や、その知名度の高さからくる安心感が人気の理由でしょう。

優待クロス取引ができる!一般信用売りのできる貴重な証券会社

SBI証券は優待のタダ取り(クロス取引)ができます!

「優待品はほしいけど、株価の値下がりリスクが怖い」という人には朗報です。じつは株主優待品はリスクを限りなく低くして取得する方法があります。

それが、優待投資家には有名な手法である「優待クロス取引」と呼ばれるものです。

ひっきー

クロス取引は、同じ株数で「現物買い」と「信用売り」を同じタイミングでおこない、値動きの影響を相殺させる取引です。値動きの影響を受けずに取引できる=リスクが限りなく低いというわけです。

この手法は信用取引を利用するので、逆日歩(ぎゃくひぶ)のリスクを心配をするかもしれません。

しかし、楽天証券は逆日歩のかからない一般信用取引を利用することができるので、安心して優待クロス取引ができます♪

優待クロス取引をもっと知りたい人は…

さらに詳しい説明は「クロス取引のやり方・注意点 まとめ」ページをご覧ください。

便利な株主優待検索ツール!お気に入り銘柄の登録もワンクリック

楽天証券の株主優待検索は、いろいろな条件で絞り込める上、つなぎ売りモードなども搭載されていて便利です

株主優待検索では「注目銘柄」、「優待内容」、「権利確定月」などから絞り込んで検索することができます。また、一般信用での売り建てができる銘柄もひと目でわかるので、クロス取引にも便利!

気になった銘柄はお気に入り機能で登録して、どんどん自分好みのコレクションにしていきましょう♪

2023年春から単元未満株取引ができるようになります!

楽天証券の単元未満株取引サービスであるかぶミニ

1株~99株までの株の取引を一般的に「単元未満株取引」といいます。楽天証券では2023年春から「かぶミニ®」というサービスがはじまり、いままでできなかった単元未満株取引ができるようになります。

かぶミニ®では株式名義が本人となるので、配当金はもちろん株主優待も受け取ることができます。

また、主要ネット証券でははじめてリアルタイム取引にも対応します。サービス当初は100銘柄程度ですが徐々に銘柄数が増えていくとのことです。

ひっきー

さらに取引には楽天ポイントも使えるので、楽天経済圏の人にとっては、とくにうれしいサービスと言えるのではないでしょうか。

手数料については買付が「0円」、売却が「11円」となっています。ただしこれにプラスして、東証参考価格に0.22%のスプレッドが加減算されるので、その点だけは覚えておきましょう。

普通預金の金利が大手銀行の5倍!お得な口座連携サービス

マネーブリッジに申し込むだけで、優遇金利を受けることができます

楽天証券の口座を開くのであれば、ぜひ楽天銀行の口座も開いてしまいましょう!両社の口座を開き、無料の口座連携サービス「マネーブリッジ」に申し込むだけで、普通預金の金利が0.10%になります!

また、マネーブリッジに申し込んでおけば、楽天証券での注文時に楽天銀行の預金残高から自動入金(スイープ)することも可能。入出金時の手数料も無料なので、スムーズに取引ができます。

さらに「楽天銀行ハッピープログラム」にエントリーすることで、取引に応じて楽天ポイントを貯めることもできます。

金利が変更されました

2022年4月より、残高300万円以下は年率0.10%ですが、300万円を超えると年率0.04%となります。

楽天ポイントで投資信託が買える!

楽天ポイントで投資信託の買付けができます

楽天証券では、楽天ポイントを使って投資信託の買い付けができ、買付代金の一部、またはすべてに利用可能です。

投資信託は100円から買い付けることができるので、貯まったポイントを無駄なく投資にまわせます。

ひっきー

また、当月合計30,000円以上(うちポイント1p以上)のポイント投資をすることで、楽天市場での買い物がオトクになる「SPUの対象」となります(SPU=スーパーポイントアッププログラム)

楽天経済圏で生活を送っている人にとっては、必ず達成しておきたい条件です。普段から楽天市場を使っている人は、ぜひチェックしてみましょう♪

投信の積立購入に楽天カードを使うとポイントが貯まる!

人気講師が動画でセミナーを開いてくれます

楽天証券では、投資信託の積立購入に楽天カードを使うことができます。還元率は0.5%~最大1%となっていて、1%還元である場合、たとえば投資信託を10,000円分買うと100円相当のポイントが返ってきます。

還元率は、その投資信託の信託報酬のうち販売会社が受け取る手数料が年率0.4%以上かどうかということと、カードの種類によって変わります。

楽天カードクレジット決済のポイント還元率
カード種類 代行手数料
年率0.4%(税込)未満 年率0.4%(税込)以上
楽天プレミアムカード 1% 1%
楽天ゴールドカード 0.75%
上記以外の楽天カード 0.5%

返ってきたポイントは再投資できるので、自分の資金をムダなく投資に向けることができます!

ただし、楽天カードを使っての積立購入支払いは月に50,000円までなのでご注意ください。

ひっきー

キャンペーン・タイアップ企画情報

マネーブリッジ登録キャンペーン

楽天証券口座開設キャンペーン

キャンペーンの内容

楽天証券の口座開設+楽天銀行の口座開設をして、マネーブリッジの登録、30,000円の入金などで、現金最大3,000円がもらえます。
2024年2月29日まで)

※証券会社のサービスは日々変化しているので、公式サイトにて詳細をご確認ください。

楽天ポイントで投資ができる

楽天証券に口座開設をする

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

ページ上部へ移動