1. 楽しい株主優待&配当 TOP
  2. ネット証券の手数料比較
  3. ネット証券の口座を複数作るメリット

ネット証券の口座を複数作るメリット

複数の口座を使うことで得られる「5つ」のメリット

わたしを含め、証券口座を複数開いている投資家の人は多くいらっしゃいます。もちろん無意味ではありません。大きなメリットがあるからこそ、いくつもの口座を開くのです。

具体的には下のような5つのメリットがあるので、詳しくみていきましょう。

  1. 家族で複数口座を持って投資すると、優待が2倍以上もらえる
  2. 手数料を比較して株・投資信託などを買える
  3. 証券会社独自の情報がもらえたり、サービスが受けられる
  4. 口座数が増える分、IPOの当選確率が上がる
  5. システム上のエラーなど、不測の事態に対応できる

①家族で複数口座を持って投資すると、優待が2倍以上もらえる

まずは「1人で株主優待をもらう場合」を考えてみましょう。
100株で株主優待がもらえる企業があったとして、Aさんが1人で500株持っていたとします。この場合、1人で500株を持っていても、株主優待の権利は1人分しかもらえないため株主優待も1つしかもらえません。

一方、「家族みんなで投資した場合」を考えてみましょう。
家族みんなで証券口座を開き、その企業を投資対象としてそれぞれ100株ずつを投資すれば、結果的に株主優待は5人分手に入ります。つまり、「効率よく」、「株主優待が多くもらえる」可能性があるということです。

このように、「1人で500株買った場合」と「5人で100株ずつ買った場合(合計500株)」で支払う金額は同じですが、もらえる優待の数が違ってきます。家族に協力してもらい、複数の口座を作って効率よく優待をいただいちゃいましょう♪

ちなみに、未成年者でも口座を作れる証券会社が多いので、小学生や中学生などでも口座を作ることは可能です(法律で年齢制限はありませんのでご安心ください)。ただし、法令諸規則などで仮名、借名取引は禁止されています。お手続きや投資は必ず本人がおこなってくださいね♪

②手数料を比較して株・投資信託などを買える

金融商品を買う際の取引手数料は、証券会社によってまったく違います。
例を出してみましょう。

■約定代金50万円の場合の手数料(例)
・A証券:無料
・B証券:350円

約定代金50万円であれば、A証券では「無料」だけど、B証券では「350円」かかる、といった場合があります。また、約定代金が変わると、下のようなパターンも考えられます。

■約定代金100万円の場合の手数料(例)
・A証券:1,000円
・B証券:600円

このように、少額ではA証券の方が安く、ある一定額からはB証券が安くなるといった逆転現象が起こることもあります。こういった場合に複数の証券口座を持つメリットが生まれてきます。

つまり、複数の証券口座を持っておくと、その約定代金にあわせて、最適な証券会社で買い付けることができるのでパフォーマンスの向上に一役買ってくれるのです。

「数百円くらい…」と思われるかもしれませんが、積もりに積もれば、確実にパフォーマンスが悪くなっていきます。手数料はできるだけ抑えて、余計なコストをかけないように投資をしていきたいですね。

1注文ごとの株式売買手数料比較 〔税抜価格〕
2020年4月現在)
証券会社名
(公式サイトへ)
1注文ごとの
株式売買手数料
おトク情報 +
証券会社の詳細情報へ
~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
松井証券 0円 0円 0円 1000円

限定タイアップ
手数料20,000円キャッシュバック!

詳細

DMM.com証券(DMM株) 80円 97円 180円 340円

5万円以下は手数料50円

詳細

ライブスター証券 80円 97円 180円 340円

限定タイアップ
管理人の投資入門書プレゼント!

詳細

GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円

限定タイアップ
口座開設・入金・取引で4,000円(抽選)

詳細

SBI証券 90円 105円 250円 487円

限定タイアップ
口座開設+振替でもれなく現金2,500円

詳細

楽天証券 90円 105円 250円 487円

最大101,700円分のポイント・現金

詳細

auカブコム証券 90円 180円 250円 990円

信用取引手数料が完全無料

詳細

岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円

限定タイアップ
入金だけでもれなく2,500円プレゼント!

詳細

マネックス証券 100円 180円 450円 1000円

12/13~投資信託の販売手数料無料!

詳細

SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

信用取引売買手数料無料!

詳細

野村証券(野村ネット&コール) 139円 300円 477円 953円

IPO主幹事数トップクラス!

詳細

みずほ証券(総合証券) 950円 950円 1575円 3150円 口座管理料無料
岩井コスモ証券 1000円 1000円 1000円 1000円

3か月手数料無料!

詳細

岡三証券(総合証券) 1800円 1800円 2875円 5750円 口座管理料無料

③証券会社独自の情報がもらえたり、サービスが受けられる

口座を持っているだけで、証券会社が出している情報を得ることができます。例えば楽天証券では、一定の条件を満たすだけで、楽天証券版の日経テレコンが利用できます。これを使うと、日経新聞・日経産業新聞などを無料で閲覧することができてしまいます。月々の購読料のことを考えると、この機能はかなり魅力的です!

証券会社独自のサービスに力を入れているのが、マネックス証券です。メールマガジンは内容が優れていて、勉強になることが多いですし、業績分析のできる銘柄スカウターは、多くの投資家が愛用しています。2019年には10年スクリーニングという機能も搭載し、過去10年の平均増収率や平均増益率なども見ることができるようになりました。

④口座数が増える分、IPOの当選確率が上がる

IPO(新規株式公開)株は、どの証券会社からでも買えるわけではありません。IPO株は証券会社ごとに割り当てがあって、それぞれ株の配分数も異なります。

単純な話で、たくさんの口座を持っている人が、たくさんの抽選を受けられるので有利になります。IPOに当選すると、かなりの確率で利益が出るので、初心者にもおすすめの投資法です(IPO当選記録:累積+2,545.81万円)。 詳しくは、「IPO(新規株式公開)でおこづかい稼ぎ♪」ページをご覧になってください。

⑤システム上のエラーなど、不測の事態に対応できる

2006年にライブドアショックが起きた時、とある証券会社のシステムがダウンしました。理由は、みんながパニックになって売り注文が殺到したので、システムがパンクしてしまったのです。

私もまだ若く、証券会社をその1社にしぼって取引していたため、証券口座にログインすらできず、ストップ安の餌食にあってしまいました…。複数の証券会社に分散しておけば、こういった不測の事態に対応できるでしょう。

詳しくは、『ライブドアショックから学ぶ(※やさしい株のはじめ方)』をご覧になってください。

複数口座を作るデメリットは?

複数口座を作るデメリットは特に見当たりませんが、 あえて挙げるとすると、口座を作るのがちょっと面倒なくらいです。 ただ、口座開設は1回開いてしまえば後は手間がかからないので、 メリットを考えると作るに越したことはないでしょう。

おすすめの証券会社はどこ?

最後に私のおすすめの証券会社5社をのせておきます。

SBI証券(人気No.1!

ネット証券界でナンバー1の口座開設数を誇り、現在は500万口座2020年4月時点)を突破!「株初心者向けのセミナー」、「充実の株主優待検索ツール」などの魅力があり、株初心者にもやさしい証券会社です。

SMBC日興証券(クロス取引する人におすすめ!)
SMBC日興証券は一般信用売りができ、銘柄の在庫数も多いことからクロス取引に最適な証券会社です。また、IPO主幹事を多く請け負う証券会社としても有名。高い当選確率が魅力です!
松井証券(少額取引に強み)
松井証券の最大の魅力は、破格の手数料体系です。1日の約定代金の合計が50万円以下であれば、売買手数料はなんと無料になります!
GMOクリック証券
GMOクリック証券は財務分析ツールが特に優秀。「株価分析」、「経営分析」、「財務諸表」、「シミュレータ」のそれぞれでカラフルな図表を使っているので、初心者でも視覚的にわかりやすく財務分析ができるのは魅力です!
SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券は、単元未満株取引(1株~99株)対応しているという強みがあります。月の約定代金が50万円以下の場合、手数料は月額たったの200円(税別)。少額取引であれば、使わない理由がありません。

特徴ある証券会社を集めましたので、初心者の人はこの5つに口座を持っていれば十分です。また、クロス取引をもっと積極的にしたいならauカブコム証券もいいですし、投資の知識を高めたいのであればマネックス証券もおすすめです。いろいろ比較をしてみて、自分に最適な証券会社を探してみましょう。

先ほどお伝えしたとおり、複数口座を持つことにデメリットは特にありません。逆にメリットが多すぎて「書ききれない…」と感じるほどです。

開設こそ面倒ですが、それを乗り越えたら後は証券会社の機能を自由に使えます。取引をしなくても使えるものがほとんどですので、「とりあえず開設してみよう」というスタンスでもいいでしょう。

さらに今なら現金やポイントがもらえる「当サイト限定のタイアップ企画・キャンペーン」などもおこなっているので、お得に口座開設をして、投資ライフを充実したものにしましょう♪