楽しい株主優待&配当

 

SMBC日興証券

SMBC日興証券の評判や詳細情報をご紹介

SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの総合証券会社です。いわゆる「三大証券」の一角として国内有数の事業規模を誇り、全国に支店を展開しています。

SMBC日興証券の強みは、信用取引の売買手数料が完全無料という点です。さらに、一般信用売りに対応しているので「逆日歩リスクなしのクロス取引」ができる点や、総合証券ならではの「豊富な一般信用在庫」といった点も特筆すべき強みです。

また、新規公開株(IPO)においても、新規上場時の主幹事・副幹事を数多く務めていることも見逃せません。毎年たくさんの割り当てがあるので、当選を狙う上で欠かせない証券会社です。

クロス取引・IPOに大きな強み

SMBC日興証券に口座開設をする

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

株式の売買手数料

1注文ごとの手数料
~10万円 137円
~20万円 198円
~30万円 275円
~50万円 440円
~100万円 880円
~200万円 1,650円
~300万円 2,200円

※手数料は税込です。

口座の開設方法

これから証券口座を作る人のために、「口座開設~株取引」までをサポートするページを用意しました。実際の画像と一緒に解説していきますので、まだ口座を作っていない人は参考にしてください(グループサイトの「やさしい株のはじめ方」に移動します)

  1. 口座開設
  2. 入金
  3. 株の買い方
  4. 株の売り方

取引ツール・おもな特長

信用取引の売買手数料が無料です!

信用取引の手数料が無料

SMBC日興証券の取引コースのひとつである「ダイレクトコース」では、信用取引手数料が無料になります!

他の証券会社でも、1日信用(1日限りの信用取引)であれば、手数料が無料というところも多くありますが、取引期間にかかわらず0円というのは、他の証券会社ではあまりみられない料金体系です。

ひっきー

次にお伝えするクロス取引も、信用手数料無料のおかげで低コストでおこなうことができます。

クロス取引をする人にうれしい!一般信用売りができます

SBI証券は優待のタダ取り(クロス取引)ができます!

「信用売り」と「現物買い」を同時におこなうと、手数料分だけで優待取得できる「クロス取引」という裏ワザがあります(厳密には金利などもかかります)。

このクロス取引を、余計なリスクを負わずにするには「一般信用売り」が必要不可欠なのですが、SMBC日興証券では、その一般信用売りサービスにも対応しています。

ちなみに余計なリスクとは、制度信用売りをすると発生する可能性のある「逆日歩(ぎゃくひぶ)」を指しています。しかし、一般信用売りでは逆日歩は発生しないのです。

ひっきー

また、SMBC日興証券でしか取り扱っていない一般信用銘柄もあるので、口座をひらいておけばクロス取引の機会損失もふせげます。SMBC日興証券でのクロス取引手順は「SMBC日興券を使った優待取得方法」をご覧ください。

新規公開株(IPO)の取り扱い数がトップクラス!

新規公開株(IPO)の取り扱い数がトップクラス

2020年のIPO取扱実績は、SBI証券に次いだ52社(総合2位)となり、抽選チャンスもかなり多いといえます。

また、SMBC日興証券は「主幹事」や「副幹事」を受け持つことも多い証券会社なので、割当株数が増えれば当選確率もアップします。

また「ダイレクトコース」では、当選確率が最大25倍になるステージ別抽選を実施。同社に預けている資産額や建玉金額などでステージが判定されるため、腰を据えて取引する人ほどオトクな仕組みとなっています。

初心者におすすめ!記事から株が買える投資メディア<日興フロッギー>

記事から株が買える投資メディア 日興フロッギー

SMBC日興証券が運営する日興フロッギーは、学びと投資が同時にできてしまう、斬新な投資情報メディアサービスです。

投資に関わる記事の中で、気になった銘柄があればすぐにお気に入り登録ができ、そのまま買うこともできます。

ひっきー

日興フロッギーの記事を執筆しているのは「優待投資家の桐谷さん」や「ひふみ投信の藤野さん」といった、業界の豪華な顔ぶれなので読みごたえがあります♪

また、日興フロッギーでは100円から投資でき、買付け金額が100万円以下の場合は手数料無料となります!楽しく学びながら気軽に投資ができるので、株初心者の人にはとくにおすすめです♪

日興フロッギーの詳細はこちら

dポイントがたまる・使える!

SMBC日興証券の取引はdポイントがたまる・使える

SMBC日興証券は、NTTドコモが提供するポイントプログラム「dポイント」と密接な関係にあり、取引の際にdポイントを「ためる」、もしくは「使う」ことができます。

dポイントをためる
・現物取引での手数料200円(税込)ごとに1ポイント
・キンカブ(日興フロッギー)では、売り取引、または100万円超の買い取引で約定金額500円ごとに1ポイント
dポイントを使う
・キンカブ(日興フロッギー)で、100ポイント単位で利用可能
とくにDocomoユーザーだとdポイントのたまるタイミングも多いので、結びつきの強いSMBC日興証券を使うことで、効率よく投資ができますよ♪

ひっきー

キャンペーン情報

現在キャンペーンをおこなっていません。

クロス取引・IPOに大きな強み

SMBC日興証券に口座開設をする

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

ページ上部へ移動