1. TOPページ
  2. IPOでおこづかい稼ぎ♪
  3. 【2022年版】抽選が受けられるIPO株一覧

【2022年版】抽選が受けられるIPO株一覧

ここでは、抽選が受けられるIPO株の情報を中心に、一覧にして紹介します。2020年に上場したIPO92社は、8割強の「初値」が「公募価格」を上回っています!!かんたんにいえば、当たりさえすれば、ほぼ儲かっているということです!

2020年9月29日上場のヘッドウォータースは、なんと11.9倍に!
公募価格2,400円→初値28,560円。初値売りをすれば、261.6万円の利益です。
2018年6月19日上場のメルカリは、約1.6倍に!
公募価格3,000円→初値5,000円。初値売りをすれば、20万円の利益です。

IPO株投資のコツ

コツはとにかく申し込むことに尽きます。資金量によって当選確率が変わる証券会社もありますが、100%完全平等抽選の証券会社もあります。

地味な作業ですが、私もとにかく申し込んだ末に当選がチラホラと出るようになりました。

IPOにおすすめの証券会社としては、1人1票制で公平な抽選が受けられ、幹事証券を務めることの多いSMBC日興証券マネックス証券大和証券の3社は口座開設必須でしょう。

IPO企業の情報一覧

下の表は2022年に新規上場予定の企業情報です。企業名の上にある「S~D」の数字はグループサイト「やさしいIPO株のはじめ方」でまとめている総合評価となっています。

「S」が一番評価が高く「D」が一番評価が低いものとなります。その他必要な情報はそろえてありますので、こちらを参考にIPO投資を進めていってくださいね♪(申し込み期間が極端に短い企業もあるのでご注意ください)

用語の意味

【公募価格】 = 募集のときの株価
【初値】 = 上場後に初めて付く株価
(主) = 主幹事証券(引受株数が多い)
(副) = 副幹事証券

企業名/上場市場 上場日/申込期間 公募価格/初値 取扱ネット証券

C

(5026)

トリプルアイズ

東証マザーズ

3/4

2/15~2/21

-円

-円

5,543本

C

(7793)

イメージ・マジック

東証マザーズ

3/3

2/10~2/17

-円

-円

5,468本

D

(9216)

ビーウィズ

東証1部

3/2

2/14~2/18

-円

-円

60,950本

C

(5025)

マーキュリーリアルテックイノベーター

東証マザーズ

2/25

2/8~2/15

-円

-円

6,150本

B

(4270)

BeeX

東証マザーズ

2/24

2/7~2/14

-円

-円

3,622本

C

(9215)

CaSy

東証マザーズ

2/22

2/4~2/10

-円

-円

2,433本

C

(4269)

ノーザ

JQスタンダード

2/22

2/3~2/9

-円

-円

9,315本

C

(4268)

エッジテクノロジー

東証マザーズ

2/17

2/1~2/7

-円

-円

34,759本

C

(4267)

ライトワークス

東証マザーズ

2/9

1/21~1/27

-円

-円

3,680本

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(4266)は、
上場中止となりました。

C

(9213)

セイファート

JQスタンダード

2/4

1/19~1/25

-円

-円

8,574本

C

(9214)

Recovery International

東証マザーズ

2/3

1/18~1/24

-円

-円

6,296本

気をつけたいこと

IPO投資の準備として気をつけたいのは、申し込みをしたいIPO株があっても、証券会社に口座開設するには、申し込みから1週間くらい時間がかかるということです。余裕を持って口座を作っておきたいところですね。

そう考えると、ギリギリになって口座を作るのではなくて、IPOの取り扱いが期待できる証券会社(SMBC日興証券松井証券SBI証券マネックス証券auカブコム証券など)には、あらかじめ口座を作っておいた方が安心ですね。

ページ上部へ移動