1. 楽しい株主優待&配当 TOP
  2. IPOでおこづかい稼ぎ♪
  3. どんなIPOが狙い目となるのか?

どんなIPOが狙い目となるのか?

せっかく苦労してIPOに当選しても、損をしてしまってはまったく意味がありません。IPO投資で儲けるためにはどんな条件の株に申し込みをすればいいのでしょうか?このページではハズレをつかまないようにするために「どういったIPOに申し込めばいいか」について探っていきます。

IPO株で儲かりやすい条件とは?

私のこれまでの経験から、IPOで初値(上場したときに、はじめてつく株価)の上昇が期待できる条件はどんなときかをご紹介します。

(1)大きな成長が期待できる

売り上げや利益が著しく伸びていたり、業種として成長期待がイメージできる会社(IT系など)であれば、上場するときに人気になりやすい傾向があります。

(2)割り当て(公募株数)の株数が少ない

新しく発行する株数が少ないと、投資家の間で奪いあいになるので、人気になることがあります。逆に配分しきれないほどの株が発行された場合、株が投資家にいきわたることで上場時に改めて買う必要がなくなるので、株価が下がる原因となってしまいます。(数が少ないと、プラチナチケットになるという理論です)

(3)株式市場の「地合い(じあい)」がよい

「地合い」と言うのは、株式市場の雰囲気のことです。つまり、上場日前後の株式市場が活況であれば、心理的な面から株が買われやすくなります。

とくに、上場日前後の他社のIPO株価動向も初値に影響することがあります。(例:3月1日に上場したA社が初値から調子がいい → それなら3月3日上場のB社もいけるのでは?という思惑)

(4)IPO系のブログやホームページで評判になっている

これが一番わかりやすいかもしれませんね。 株価は市場参加者によって形成されるので、たいていは評判どおりに落ち着くことが多いです。

人気があれば高い株価での初値となりますし、不人気であれば、初値が公募価格よりも低くなることもあります。IPOに対する投資家の評判をあらかじめチェックしておくとよいと安心です。(参考サイト:やさしいIPO株のはじめ方IPO初値分析・株式投資など)

狙い目となるIPOの一部を紹介しましたが、このほかにも初値上昇に影響を与える要因はさまざまです。複数の要素が絡んで人気は決まるので、ご自身で初値を予想しながら、IPO抽選に申し込んでみると少しずつ感覚がつかめると思います♪

それでは次に、「【2019年版】抽選が受けられるIPO株一覧」をみていきましょう。