1. 楽しい株主優待&配当 TOP
  2. 証券会社の比較
  3. LINE証券

LINE証券

LINE証券の評判

キャンペーンの内容

LINE証券で新規口座開設をして、かんたんなクイズに正解すると、対象銘柄3株もしくは2株分の購入代金(約2,000円相当)がもらえます。

直近のニュース
■2020年5月21日より、「信用取引」サービスを開始しました。(2020/5/21)
■2020年5月10日より、「取引所取引」ができるようになり、単元未満株取引以外にも選択肢が増えました!(2020/5/10)

LINE証券は、無料通話アプリ「LINE」上で、株式や投資信託の売買ができるスマホ投資サービスです。普段使っているLINEからすぐに取引ができるので、手間のかからないかんたんさが特徴。また、通常100株からしか買えない株式も、LINE証券であれば「1株」から買えてしまうので、元手の少ない人や初心者にはうってつけです。詳しい情報をまとめましたので、みていきましょう。

LINE証券に口座開設をする

口座開設に、口座開設料や年会費などは一切かかりません。

株式の売買手数料(取引所取引)

LINE証券での取引方法は、大きく分けて「取引所取引」と「単元未満株取引」の2種類があります。まずは、取引所取引の手数料からみていきましょう。

LINE証券では、2020年5月10日から取引所取引(=通常の現物取引)ができるようになりました。取引所取引の手数料は、売却手数料こそかかるものの、買付手数料はなんと無料となっています。これは他の証券会社にはないめずらしい手数料体系です。

売却手数料
~10万円 160円
~20万円 180円
~30万円 440円
~50万円 440円
~100万円 790円
~200万円 1,510円
~300万円 1,510円

※手数料は税抜です。
※LINE証券では、同じ日に同一注文で複数約定となった場合、約定代金を合算して手数料を計算します。

株式の売買手数料(単元未満株取引)

1注文ごとのスプレッド
日中取引 0.05%
夜間取引 0.5%

LINE証券の単元未満株取引で手数料は無料です。しかし、上の表のように「スプレッド」という実質的に手数料のようなものが取引時につきます。

スプレッドは、日中に取引すれば0.05%となっていて、たとえば本来の株価2,000円の銘柄は、LINE証券上で購入する場合「2,001円」と表示されます。つまりこの場合、1株だと1円、100株だと100円というスプレッドが取引でかかってくることになります。

ネット証券には、定額プランなどの条件であれば「取引手数料無料」となるネット証券もありますが、1注文ごとの手数料としては業界最安水準といえるでしょう。

ただし、時間帯によってスプレッドが変わります

1点注意しておきたいのは、時間帯によるスプレッドの違いです。LINE証券では、日中取引と夜間取引があり、それぞれ下記の時間帯に取引ができます。

日中取引
9:00~11:20
11:30~12:20
12:30~14:50
夜間取引
17:00~21:00

このうち、日中取引のスプレッドは0.05%ですが、夜間取引の場合は0.5%となります。夜間取引のスプレッドはかなり割高となるので、どうしても取引しなければいけない場合を除いて、日中取引をメインでおこなったほうがお得です。

取引ツール・おもな特長

1株数百円~といった「少額投資」ができる

LINE証券は単元未満株取引ができます

通常、株式投資は100株を1単元として単元毎の取引ができますが、その分元手も必要になってきます。しかし、LINE証券では1株から買える「単元未満株取引」に対応しているので、1株数百円といった少額から株式取引ができます。

ちょっとしたおこづかいでも投資を始められるので、初心者にとってはうれしい限りのしくみとなっています。また、買った株は本人の名義となるので株主優待ももらえます。少しずつ株を積み立てて、株主優待を狙ってみるのもいいでしょう。

厳選された300社に投資ができる

LINE証券では国内の有名企業300社に投資ができます。東京証券取引所には3,600社を超える企業が上場しているので、初心者にはどの企業に投資をしていいか分かりません。しかし、LINE証券ではその10分の1以下に銘柄を厳選しているので、投資先が格段に見つけやすくなっています。

LINE Payで入出金ができる

LINEでは、スマホ決済サービスである「LINE Pay」も提供しています。LINE Payでは事前に残高チャージをして決済をするのですが、この残高をLINE証券に入金することができます。

普段からLINE Payを使っている人は多めにチャージをして、一部を通常の決済に使い、残りをLINE証券に入金して投資をするといったこともできます。決済サービスも提供しているLINEだからこそできる、ユニークなサービスといえるでしょう。

最短翌営業日から取引!

LINE証券は単元未満株取引ができます

証券会社の口座開設は、多くの場合Webでの申し込み → 郵送受け取りという順序で進んでいきます。郵送が必要なので、口座開設には数日~1週間ほどかかるのが一般的です。

しかし、LINE証券の口座開設に郵送などの必要はなく、すべてWeb上で手続きが済んでしまいます(すべてWeb上で完結するのはLINE証券が証券業界初。Web上で申し込みを完了させたら、最短翌営業日から取引を始めることができるので、いますぐ取引をしたい人にも最適です。

取り扱っている商品について

  1. 国内株
  2. 信用取引
  3. 投資信託
  4. ETF

キャンペーン情報

【新規口座開設】初株チャンスキャンペーン

LINE証券のキャンペーン情報

キャンペーン内容

LINE証券で新規口座開設をして、かんたんなクイズに正解すると、対象銘柄3株もしくは2株分の購入代金(約2,000円相当)がもらえます。

【ゲリラ開催】株のタイムセールキャンペーン

株のタイムセールキャンペーン

キャンペーン内容

ゲリラ開催の「株のタイムセールキャンペーン」は、LINE証券が指定する銘柄のうち5株を割引価格(3%、5%、7%のどれか)で買えてしまうという、今までになかった斬新なキャンペーンです!

注意!証券会社のサービスは日々変化しておりますので、公式サイトにて詳細をご確認ください。

LINE証券に口座開設をする

口座開設に、口座開設料や年会費などは一切かかりません。