PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ ゼンショーホールディングスから牛丼チェーン店『すき家』で使える食事券が届きました!

ゼンショーホールディングスから牛丼チェーン店『すき家』で使える食事券が届きました!

公開日時:2018/10/17

ゼンショーホールディングスの株主優待品 画像

日本国内に1,900店以上の店舗がある牛丼チェーン店「すき屋」を展開するゼンショーホールディングスの株主優待が届きました!私の家の近くにもすき家があるので、いつでも使えて便利です♪早速、優待の詳しい内容をご紹介します!

 

ゼンショーホールディングスの株主優待の内容紹介

ゼンショーホールディングスの株主優待は、ゼンショーの系列店で使うことのできる食事券です。3月末と9月末の100株以上の株主が受け取ることができます。食事券はすべて500円券での発行で、発送は3月末分が6月、9月末分が12月となります。株数ごとにもらえる優待食事券は下記のとおりです。

100株以上300株未満 1,000円相当(500円券×2枚)
300株以上500株未満 3,000円相当(500円券×6枚)
500株以上1,000株未満 6,000円相当(500円券×12枚)
1,000株以上5,000株未満 12,000円相当(500円券×24枚)
5,000株以上一律 30,000円相当(500円券×60枚)

300株以上の株主は、食事券を商品に交換することもできます。たとえば食事券3,000円相当を返送すると、なか卯の丼ぶりセットや、はま寿司のしょうゆセット、すき屋の牛・豚セットなどの各種代替品と交換してもらえます。

 

牛丼チェーン店系の優待では使える系列店数が断トツ!

ゼンショーの株主優待は、他社の牛丼チェーン企業と同じく、おなじみの食事券タイプです。食事券は切ってしまえば小さいため、財布に入れておいても邪魔になりません。外食が多いという人は、最初に切り離して財布に入れっぱなしにしてしまったほうが使いやすいかもしれません。

牛丼チェーン店は外食店の中でも1品あたりの値段が低めです。食事券が届いてからすぐにすき屋で使ったのですが、1人で食事をするなら、1回で使うのは食事券1枚(500円相当)で十分でした。定番の牛丼なら、大盛りでも480円です。食事券1枚で食事1回と考えると、最低でも年間4回は使えるのでちょっとした外食に使えて便利ですよね。

使い勝手という点では、ゼンショーの優待はさらに特筆すべき点があります。他の牛丼チェーン店である松屋フーズや吉野家も食事券の優待があることには変わりませんが、使える系列店が少ないという特徴があります。

対してゼンショーは、優待が使える系列店は10ブランド以上となっています。すき屋だけでなく『なか卯』や『ココス』など、使える系列店が多いところが魅力です。ゼンショーの優待は寿司屋から牛丼屋、パスタに焼肉にしゃぶしゃぶにうどんにハンバーグと、広いメニュー(系列店)で使えるので、その分だけ使いやすい優待とも言えます。

 

ゼンショーホールディングスについて

ゼンショーホールディングスは、外食チェーン店を数多く展開する会社です。牛丼業界の御三家である『すき屋』の会社として有名です。外食チェーンのブランドは下記のようなものがあります。

・うどん・丼がメイン商品の『なか卯』
・回転寿司の『はま寿司』
・焼き肉・しゃぶしゃぶ肉料理の『焼肉倶楽部 いちばん』、『牛庵』
・パスタの『ジョリーパスタ』
・ハンバーグの『ビッグボーイ』
・ファミリーレストラン『ココス』

などなど、系列店の総数は2018年の段階で5,000店舗を超えています。中でもすき屋の店舗数は2,000店舗に迫る勢いです。近年は海外展開もおこなっており、海外店舗の好評などを受けての増収増益も注目されました。また、飲食事業の他にも、「介護事業」や「食材の小売り事業」といった多角化も進めており、これからの事業展開も気になるところです。

 

優待品を使うときの注意点

ゼンショーの食事券での支払いは、お釣りが出ません。また、食事券には利用期限があることにも注意が必要です。利用期限は食事券の表側に書いてあるので、期限内に使えるよう、計画的に使っていきましょう。

また、300株以上の優待交換制度を利用する場合は、食事券を切り離さないよう注意してください。食事券を切り離してしまうと無効となってしまうため、交換を希望する場合は切り離さず、会社側が指定する期限内に素早く返送の手続きを済ませてしまいましょう。

 

ゼンショーホールディングスの優待情報をさらに詳しく!

ゼンショーホールディングスの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→ゼンショーホールディングスの【最新の株価】はこちら