PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ(2017年版) ANAホールディングスから飛行機チケットの割引優待券が届きました!

ANAホールディングスから飛行機チケットの割引優待券が届きました!

公開日時:2018/02/16

ANAホールディングスの株主優待品 画像

 

ANAホールディングスの株主優待品の内容

ANAホールディングスの優待は、運賃の割引ができる株主優待券です。具体的には、3月と9月の年2回もらえ、国内線の片道運賃が半額となります。今回は100株保有でしたので1枚(年間2枚)もらえましたが、200株だと年間4枚、300株だと年間6枚のように保有株数に応じてもらえる枚数が増えます。

ANAは国内線に強く、東京の羽田空港を中心に北海道〜沖縄まで、日本全国の空港を結んでいます。とくに北海道・沖縄は日本の観光地として名高く、割引券を使ってお得に旅行を楽しめるのはうれしいですね♪

個人的な話ですが、ここ数年北海道に行きたいと思い続けたものの行けずじまいだったので、この株主優待割引券を使って旅行しようと考えています!みなさんもこの優待を機に、国内旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

また、100株保有でANAグループ優待券セットももらえます。こちらは、ANAグループのホテルや空港内売店などで使える優待券がセットになっています。いずれも旅行の際に使えるものばかりなので、株主優待割引券とあわせて使うことでお得感が増しそうです!

 

ANAホールディングスについて

ANAホールディングスは、国際線・国内線ともに国内最大規模の航空会社です(2017年現在)。ANAの略称で親しまれていますが、正式名称は「全日本空輸」と言います。国内線の就航路線数は日本一で、日本人だけでなく訪日外国人にも欠かせない空の移動手段となっています。国際線はアジア諸国やヨーロッパ、アメリカなどに就航しており、2014年には飛行距離の合計で日本航空(JAL)を上回るなど、日に日に存在感が強まってきています。

サービスの質も高く、イギリスの航空サービスリサーチ会社の格付けで最高評価を得ています。日本を代表する航空会社として、世界各国に「日本のおもてなし文化」が評価されている証拠とも言えるでしょう。

最近は格安路線の拡大にも力を入れており、LCC(格安航空会社)として有名なピーチアビエーションやバニラ・エアを他社と共同で設立し、のちに子会社化しています。安く気軽に旅行できるのはありがたいことなので、どんどん就航数を増やしてほしいですね。

フルサービスが売りのANAと、安さが売りのLCCのどちらも運行するANAホールディングス。あらゆる顧客ニーズに対応しようとしている姿勢が魅力的な会社ですね。

 

ANAホールディングスの業績と航空業界

業績を見てみると、2014年以降は増益を続けています。背景には、「空港の地上支援業務」や「機内食関連の受託業務」などの周辺事業が伸びたことが影響しているようです。

航空業界全体に目を向けてみましょう。過去10年間を振り返ると、2009年までは縮小傾向にあった業界規模が、2010年以降拡大に転じています。この理由として、訪日外国人の増加という背景があり、日本政府も2020年までに「訪日観光客数4,000万人」を達成するという目標を掲げ、さまざまな施策をおこなっています。また、2020年には東京オリンピックも控えているので、今後も訪日需要の拡大と、それにともなう航空会社の収益増加が見込めるでしょう。

 

優待品を使うときの注意点

株主優待割引券やANAグループ優待券には使用期限があります。楽しい旅行の前に「期限が切れていて使えなかった」ということにならないために、優待が届いたら使用期限を確認しておきましょう。

 

ANAホールディングスの優待情報をさらに詳しく!

ANAホールディングスの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→ANAホールディングスの【最新の株価】はこちら