PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ吉野家から株主優待券3,000円分が届きました!

吉野家から株主優待券3,000円分が届きました!

公開日時:2017/07/25

吉野家の株主優待品 画像

 

吉野家ホールディングスの株主優待品の内容

吉野家ホールディングスから優待品として優待券3,000円分が届きました!100株をもつことで、300円相当の優待券が10枚もらえます。1,000株以上で20枚、2,000株以上で40枚がもらえます。株数に比例して優待券が増えますが、100株での優待取得が1番効率がいいですね♪この優待券は、吉野家だけでなく吉野家のグループ店でも使えます。

 

吉野家ホールディングスについて

飲食店のチェーン展開を進める吉野家ホールディングス。吉野家といえば、もちろん牛丼ですね♪「吉野家の牛丼」は、全国的な知名度をもち、「吉牛」と略称で呼ばれることからもわかるとおり、だれからも愛される存在となっています。

吉野家ホールディングス自体は持ち株会社となっており、吉野家関連の事業を担当するのは、グループ会社である「株式会社吉野家」です。圧倒的な知名度を誇る吉野家ブランドを成長させつつも、他の飲食店事業を積極的に傘下におさめるようになったのは2007年頃から。

買収を進める理由として、牛丼を中心に据えた事業内容から「多角的な外食事業」へとシフトを目指すことがあります。2017年現在、「はなまるうどん」をはじめとして、「アークミール」「京樽」「グリーンズプラネット」などをグループ企業としています。

 

吉野家ホールディングスの今後

吉野家全体のここ数年の業績を見ると、2016年は落ち込みを見せたものの、2017年は市場予想を上回る業績でした(計画未達ですが)。2018年2月期においては前年比2.4倍の通期計画を出していて、このまま中期・長期ビジョンが達成されていけば、今後もさらなる成長が期待できそうです。

その吉野家の売上拡大の一端を担っているのが、新たな事業チャレンジとして2015年にスタートした「吉呑み」。特徴は居酒屋風のおつまみメニューを提供することで、いままで需要のあった「ちょい呑み」派のサラリーマンなどにヒットしました。当初は都市部のみの展開でしたが、いまでは全国各地で楽しめることができます。

事業の拡大は吉野家だけではありません。グループ店である「はなまるうどん」の出店、「京樽」での新立地モデルの確立など、積極的に新しい施策を推し進めています。さらに、「ビッグデータを活用した集客」や「テクノロジーを活用した次世代店舗づくり」、「健康へのさまざまな取り組み」なども注目すべき動向です。吉野家の今後に期待&注目ですね。

 

優待券を使うときの注意点

優待券は、約半年の利用期限があります。会計額に応じた枚数を使えますが、優待券のみで支払いした場合はお釣りが出ません。また、一部優待券が利用できない店舗があります。詳細は公式サイトで事前にご確認ください。