PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ(2017年版) VTホールディングスから車の購入やレンタカーに使える株主優待券が届きました!

VTホールディングスから車の購入やレンタカーに使える株主優待券が届きました!

公開日時:2018/02/16

VTホールディングスの株主優待品 画像

 

VTホールディングスの株主優待品の内容

VTホールディングスの優待は、株主優待券です。

  • 新車・中古車の購入に使える「新車・中古車購入時利用優待券(30,000円相当)
  • 車検を受ける際に使える「車検時利用優待券(10,000円相当)
  • Jネットレンタカーでレンタカーを借りる際に使える「Jネットレンタカー利用割引券
がセットになっていました。

自動車の価格を考えると、優待券の30,000円は大きな金額でないように思えますが、その浮いたお金でオプションをつけてカスタマイズできると考えれば、ついうれしくなってしまうのではないでしょうか。車の新規購入や買い替えを考えている人は、持っておくとお得な優待ですね♪

また、「車検の優待券」や「レンタカーの割引券」が付いてくるのも魅力の一つ。特にJネットレンタカーは日本全国にお店があるので、たとえば北海道や沖縄などに出かけた時に割引券があれば、現地でレンタカーをお得に借りることができます!私は次の春に沖縄へ出かけるので、割引券を持っていってレンタカーを借りようと思っています。

 

VTホールディングスについて

ホンダ、日産系のディーラーで、東海地区と海外を中心に自動車販売店を展開しています。自動車販売店での新車・中古車販売がメインですが、中古車の海外輸出やレンタカー事業もおこなっているのが特徴です。

中古車輸出事業では、日本国内のオークションやディーラー、中古車販売店から仕入れた中古車を、世界150ヵ国以上に向けて販売しています。「日本車は壊れにくい」というイメージがあるので、特に新興国では中古車であっても買いたいという人が多くいるそうです。

レンタカー事業では、「Jネットレンタカー」を日本全国に展開しています。都市部はもちろん北海道や沖縄などの観光地にも店舗を持っており、出張先や旅行先でレンタカーを借りたいという人に多く利用されています。

 

VTホールディングスの業績と業界動向

業績を見ると、売上高が右肩上がりになっていますが、ここ数年間は利益が伸び悩んでいるようです。これは、海外ディーラーのM&Aをおこなったことで売上高が増加したものの、利益率の高い国内の自動車販売が伸び悩んでいるためと考えられます。国内の自動車市場を見ると、消費税増税を前にした駆け込み需要が見込めるものの、そのあとは販売が落ち込むことが予想されています。そのため、今後も海外ディーラーを中心としたM&Aと、海外への中古車販売を積極的に進めるそうです。

自動車市場を見てみましょう。国内の状況は先ほど説明したとおりですが、最近の傾向として海外、特に新興国が熱を帯びてきています。その中で最も成長しているのがインドです。インドは人口が13億人と、中国の14億人に次ぐ規模となっています。

インドのGDPを見てみると、2017年現在で2,500ドル程度と、自動車が本格的に売れ始めるといわれる2,500ドルに達しています。今後も人口が増え続けて中国を抜くという観測もありますし、インド国内のサービスも進化していくと考えると、さらなるGDPの拡大が続くのではないでしょうか。そうすれば、人口13億人超を相手に自動車がどんどん売れていくため、同社の業績にもプラスに働くことが考えられます。

 

優待品を使うときの注意点

優待券には、使用期限があります。優待券が手元に届いたら、はじめに期限をチェックしておきましょう。

 

VTホールディングスの優待情報をさらに詳しく!

VTホールディングスの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→VTホールディングスの【最新の株価】はこちら