1. 楽しい株主優待&配当 TOP
  2. 株主優待の裏ワザ・お得情報
  3. クロス取引の費用・手数料はどれくらい必要なのか?

クロス取引の費用・手数料はどれくらい必要なのか?

ククロス取引の費用・手数料はどれくらい必要なのか

前のページまでにクロス取引の基本や、クロス取引に向く証券会社についてまとめました。最後にクロス取引の費用についてみていきます。

クロス取引の費用は少し複雑

通常の株取引であれば、現物取引の手数料さえ気にしていればいいのですが、現物買い+信用売りを利用するクロス取引の費用は少しだけ複雑です。クロス取引の主な費用は下記になります。

  1. 現物買いの手数料
  2. 信用売りの手数料
  3. 貸株料

 ①現物買い、②信用売りについてはイメージしやすいので問題ないと思いますが、クロス取引においては耳慣れない「③貸株料」という費用もかかってきます。

貸株料は信用売りに関係するコストで、かんたんにいうと「証券会社から株を借りるときのレンタル料金」です。計算は「約定代金×貸株料率(%)÷365×信用売した株の保有日数」で導くことができます。

SBI証券でクロス取引をした場合の費用

ここではSBI証券を使って、下記の銘柄Aをクロス取引した場合のコストを出してみます。

「銘柄A」をクロス取引した際の情報
・株価 … 900
・取得株数 … 100
・約定代金 … 90,000円(900円×100株)
・取引日 … 権利付き最終日
・信用取引の種類 … 一般信用取引(無期限)

まずは「現物買いの手数料」です。SBI証券のスタンダードプランの場合、10万円までの約定代金であれば90円(税抜)となります。次に信用売りの手数料ですが、こちらも10万円までの約定代金であれば90円(税抜)です。

最後に貸株料ですが、「90,000円(約定代金)×1.10%(貸株料率)÷365×2日(信用売した株の保有日数)」という計算で5.4円がかかってきます。たとえば10日間保有していたら27円という費用感です。あまりに長い期間でなければ、そこまで気にしなくてもよいコストですね。

これらを足したものがクロス取引の費用となります。

現物手数料90円

信用売り手数料90円

貸株料5.4円

約185円(税抜)がクロス取引の費用

税込にすると約200円がかかるので、もし優待の価値が2,000円あれば、2,000円-約200円=約1,800円ほどが利益となります。

費用・手数料をシミュレーターで徹底比較!

最後に簡易的なクロス取引シミュレーターをつくってみました。

株の保有日数とは、取引をしてから品渡しをするまでの期間のことです。クロス取引は最低でも1日をまたぐため、最小の保有日数は2日となります。

株の保有日数

  • 2日
  • 3日
  • 4日
  • 5日
  • 10日

約定代金(以下)

  • 10万円
  • 20万円
  • 30万円
  • 40万円
  • 50万円
  • 100万円
クロス取引にかかる手数料・費用 〔税抜価格〕
2020年9月現在)
証券会社名 現物買い
手数料
信用売り
手数料
貸株料率 貸株料 総合コスト
SMBC日興証券
auカブコム証券
SBI証券
松井証券
※ボックスレート
GMOクリック証券
マネックス証券

※表内の料金は税抜です。
※松井証券の手数料は現物買い・信用売りの両方をおこなった場合の費用になっています。

クロス取引は利益が多くないため、こういった手数料をいかに済ませるかが重要になってきます。また、取扱銘柄数や在庫の多さなどを考えると、SMBC日興証券auカブコム証券SBI証券あたりの口座開設を優先するといいでしょう。