PC表示スマホ表示
池田泉州ホールディングス
トップ株主優待をジャンル別に紹介その他 > 池田泉州ホールディングス

池田泉州ホールディングス(8714)の株主優待&配当


“株主優待定期預金(金利+0.3%)”または“地域の特産品”が株主優待として受けられる、地方銀行の池田泉州ホールディングス(8714)を紹介します。

池田泉州ホールディングスの株主優待
事業の種類 優待種類
その他 その他
権利確定月 優待回数
3 1

株主優待の内容紹介(2015年10月に優待内容が変更されました)

以下の優待から1つ選択
(1)株主優待定期預金
(2)地域特産品

・200株 … (1)スーパー定期金利+0.3%
・2,000株 … (1)スーパー定期金利+0.3%、もしくは(2)2,000円相当
・6,000株 … (1)スーパー定期金利+0.3%、もしくは(2)3,000円相当
・10,000株 … (1)スーパー定期金利+0.3%、もしくは(2)5,000円相当

【株式を3年以上継続保有した場合】
・2,000株 … (1)金利+0.3%、もしくは(2)3,000円相当
・6,000株 … (1)金利+0.3%、もしくは(2)5,000円相当
・10,000株 … (1)スーパー定期金利+0.3%、もしくは(2)10,000円相当

株主優待定期預金について
【預け入れ可能金額】10万円以上 500万円以下
【預け入れ可能期間】1年
【適用金利】スーパー定期店頭表示金利+0.3%

※単元株数は100株ですが、優待取得には
200株以上が必要です。


池田泉州ホールディングスの公式ホームページ


コメント(企業の紹介、株主優待に関する感想など)

池田泉州ホールディングスのイメージ画像

池田泉州ホールディングスは、池田銀行と泉州銀行が経営統合して2010年に生まれまた『池田泉州銀行』を保有する企業です。

池田泉州銀行は関西地方を中心に140店舗を展開しており、この地域での貸出金・預金残高は1位を記録しています。銀行での外貨預金はめずらしいものではありませんが、同行ではインターネットバンキングでの人民元建外貨預金をスタートさせるなどして、他の銀行との差別化を図っています。

また、2013年1月にオリックスと投資会社との提携を発表しました。これは中小企業の事業再生支援を強化するためだそうです。

株主優待は定期預金の金利上乗せ、もしくは地域特産品のどちらかが選べます。単元株数は100株ですが、優待取得には200株以上が必要なので注意して下さい。(地域特産品は2000株以上が必要です)


この企業を見た方へのおすすめ企業

全日本空輸(旅行)  ・南都銀行(その他)  ・三菱UFJ(その他)


株主優待や配当金をネット証券でお得にもらうには?】
1.ネット証券に資料を請求する→2.口座をひらく→3.株を買う→4.株主優待や配当金をもらう権利を獲得!…詳しくは株主優待・配当の基礎で紹介しています♪