1. TOPページ
  2. 証券会社の比較
  3. 野村證券(野村ネット&コール)

野村證券(野村ネット&コール)

野村證券の評判

野村證券は、言わずとしれた国内最大手の証券会社です。野村證券は、ほかの証券会社と違い、取引口座の区分が2つあります。

1つめは店舗での対面取引に利用する「店舗口座」、そして2つめはネット取引で利用する「オンライン専用支店口座(野村ネット&コール ほっとダイレクト)」で、口座の違いにより手数料も変わります。

この2つのうち、手数料がより安いのは「オンライン専用支店でのネット取引」です。オンライン専用支店での売買手数料は、約定代金10万円までであれば152円(税込)と、店舗口座での取引よりお得に取引ができるようになっています。

全体的な手数料の安さでは他のネット証券に劣るものの、IPOの主幹事実績数がトップクラスという強みがあるので、IPO投資を考えている人には、特にオススメできる証券会社といえます。

IPOの主幹事実績数トップクラス

野村證券に口座開設をする

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

株式の売買手数料

オンライン専用支店口座:1注文ごとの手数料<オンラインサービス取引の場合>
~10万円 152円
~30万円 330円
~50万円 524円
~100万円 1,048円
~200万円 2,095円
~300万円 3,143円

※手数料は税込です。

取引額10万円までの場合、電話取引だと売買手数料は1,991円(税込)かかってしまいますが、ネット取引であればわずか152円(税込)で済みます。

取引額が大きくなればなるほど手数料の差はさらに広がっていくので、特段の理由がない限り、オンラインサービスでの取引をしたほうがいいでしょう!

IPOの取り扱い数が豊富!

IPOの取扱数・主幹事数ともにトップクラスを誇ります

野村證券の魅力は、業界トップクラスのIPO取り扱い数です。 株数が多く割り当てられる「主幹事」を務める回数においても、2012年~2020年に至るまで、1位もしくは、上位の主幹事件数を誇っています。

IPO当選確率を上げるため、主幹事証券会社から申し込むのは「定石」となっているので、IPO投資を考えている人にとっては、ぜひとも口座開設しておきたい証券会社といえます。

IPOの申込み時点では、資金の用意は必要ありません!

野村證券のIPOは申し込みするときに資金の用意は必要なし

通常、IPO投資は抽選申し込み時に「前受金(買付相当額の現金余力)」を口座に入れておかなければいけませんが、野村證券では必要ありません。

前受金がなくてもIPOの申込みができるため、当選した場合にのみ資金を用意すればOK。競争率は高いものの、お金が手元になくても抽選に参加できるため、とても人気があります。

ネット配分は、完全平等抽選を採用!

野村證券のIPOのネット配分率は10%となっていて、抽選方法は完全平等抽選を採用しています。

だれにでも平等にチャンスがあるので、積極的に申し込んでいきたいですね♪

野村證券のつみたてNISAは厳選された7本から選べる!

つみたてNISAで扱う投資信託は信託報酬が最低水準

野村證券のつみたてNISAでは、信託報酬が最低水準の商品が厳選されています。その商品数はなんと「7本」。高コストの商品が最初から取り除かれ、選びぬかれた商品の中から選ぶことができます。

また、2020年3月16日からは「野村スリーゼロ先進国株式投信」の取り扱いがはじまります。

この投資信託は野村證券のみでの取り扱いとなり、2030年12月31日までの期間限定となりますが、信託報酬が無料という特徴があります。ぜひ検討してみたい一本ですね。

キャンペーン情報

野村證券の評判

キャンペーンの内容

野村證券では、対象銘柄を投信積立で買うと、毎月の買付金額合計50万円までの手数料をキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。
(2023年12月29日まで)

IPOの主幹事実績数トップクラス

野村證券に口座開設をする

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

ページ上部へ移動