楽しい株主優待&配当

 

東宝(9602)の株主優待&配当

“「TOHOシネマズ」のほか、グループ店舗で使える優待映画招待券(2枚~)など”が株主優待としてもらえる、映画などの制作・興行をおこなう東宝(9602)をご紹介します。

東宝の株主優待

おすすめ度 優待回数 権利確定月
星2.0 2回/年 2月・8月
予想1株配当 35円 優待の価値
予想配当利回り 0.65% 優待利回り 0.00%
株価 5,360円 優待の最低取得額 536,000円
株価最終更新日:2021/11/26

最新の株価はこちら

株主優待の内容紹介

直近の優待変更情報開示日(2020/02/25)要約はこちら

◎株主映画招待券(×年2回)

100株 1枚
500株 3枚
1,000株 5枚
2,000株 10枚
3,000株 15枚
5,000株 18枚
10,000株 20枚

※株主映画招待券は、自動券売機で座席指定・発券ができます。
※株主映画ご招待券の有効期間は6か月になります。
※インターネットでの予約はできません。

◎演劇招待券(S席相当)(×年2回)

10,000株 2枚

※来場時、招待公演のプログラムが2冊もらえます。

この企業の公式ホームページ

  1. 2月株主は、5月下旬に発行予定
  2. 8月株主は、11月中旬に発行予定

※「優待取得までの流れ」の情報は2020年2月現在

  1. 「株主映画ご優待券」を廃止し、「株主映画ご招待券」に一本化されます。
  2. 株主映画招待券の有効期間が2か月→6か月に延長されます。
  3. 「株主カード」は廃止されます。

※前回の優待変更情報開示日(2020/02/25)|PDF

コメント

東宝は、映画・演劇の制作や興行などをおこなう会社です。「健全な娯楽を広く大衆に提供すること」をミッションとして、 1932年の創業以来、多くのエンターテイメンント作品を世に送り出してきました。

また、不動産事業も営んでおり、有楽町センタービル(有楽町マリオン)や、東宝日比谷ビル(日比谷シャンテ)などを保有しています。

株主優待は、“「TOHOシネマズ」のほか、グループ店舗で使える優待映画招待券(2枚~)など”がもらえます。映画をタダで見ることができるなんて、まさに「THE株主優待」と言える優待内容ですね♪

この優待をもらうには

優待をもらう手順

株主優待をもらうまでを、松井証券を例に説明します。

  1. ①口座開設
  2. ②入金
  3. ③買い注文

おすすめの証券会社は?

東宝は、優待最低取得額536,000

この価格帯で手数料の安い証券会社

  • 1注文ごと
  • 1日定額
順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBIネオトレード証券 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 DMM株 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 GMOクリック証券 479円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 SBI証券 535円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 楽天証券 535円

詳細

順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBI証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 楽天証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 岡三オンライン証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 SBIネオトレード証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 マネックス証券 550円

詳細

証券会社をもっと比較する

そのほかのおすすめ株主優待

総合利回り

マクニカ・富士エレホールディングス

マクニカ・富士エレホールディングス(3132)

【優待内容】QUOカード(1,000円相当)など

【権利確定月】3月

【必要投資金額】265,200円

【優待利回り】0.38%

【配当利回り】3.02%

【総合利回り】3.39%

最新株価

インテージホールディングス

インテージホールディングス(4326)

【優待内容】QUOカード(500円相当~)など

【権利確定月】12月

【必要投資金額】186,100円

【優待利回り】0.27%

【配当利回り】1.88%

【総合利回り】2.15%

最新株価

この優待が含まれるジャンル

ページ上部へ移動