楽しい株主優待&配当

 

TOYO TIRE(旧:東洋ゴム工業)(5105)の株主優待&配当

“QUOカード(1,000円相当~)(条件付)”が株主優待としてもらえる、タイヤメーカーのTOYO TIRE(5105)をご紹介します。

TOYO TIREの株主優待

おすすめ度 優待回数 権利確定月
星3.0 1回/年 12月
予想1株配当 45円 優待の価値
予想配当利回り 2.25% 優待利回り 0.00%
株価 1,997円 優待の最低取得額 199,700円
株価最終更新日:2021/09/24

最新の株価はこちら

株主優待の内容紹介

◎QUOカード(クオカード)

100株 1,000~3,000円相当

※自社のタイヤを購入した株主にのみ、下記の条件でQUOカードが贈呈されます。

■QUOカードの贈呈金額とその条件(2021年5月現在)
【QUOカード 1,000円相当】
・サイズ問わず、タイヤを1~3本を購入すれば対象
【QUOカード 2,000円相当】
・15インチ以下のタイヤを4本以上購入すれば対象
【QUOカード 3,000円相当】
・16インチ以上のタイヤを4本以上購入すれば対象

※対象となるタイヤは、「トーヨータイヤ」と「ニットータイヤ」です。
※対象タイヤを購入後、レシート(または領収書)と株主通信に同封する「応募カード」の2点を、専用封筒に入れて返送することで、QUOカードが贈呈されます。

この企業の公式ホームページ

コメント

TOYO TIREは、自動車用タイヤの開発・製造をおこなっている会社です。トラック・バス・建設車両などに使われる大型タイヤ分野に強みを持ち、グローバル事業を積極的に展開。 海外からも高い評価を受けています。

近年はタイヤ事業だけにとどまらず、これまで培ってきた技術から、ゴムの特性を活かした防振部品の開発にも取り組んでいます。

株主優待は、“QUOカード(1,000円相当~)(条件付)”がもらえます。タイヤを購入することで、QUOカードが贈呈されます。タイヤの買い替えをお考えの人はぜひご検討ください♪

この優待をもらうには

優待をもらう手順

株主優待をもらうまでを、松井証券を例に説明します。

  1. ①口座開設
  2. ②入金
  3. ③買い注文

おすすめの証券会社は?

TOYO TIREは、優待最低取得額199,700

この価格帯で手数料の安い証券会社

  • 1注文ごと
  • 1日定額
順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 松井証券 0円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 SBIネオトレード証券 106円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 DMM株 106円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 GMOクリック証券 107円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 SBI証券 115円

詳細

順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 松井証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 SBI証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 楽天証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 岡三オンライン証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 岩井コスモ証券 176円

詳細

証券会社をもっと比較する

そのほかのおすすめ株主優待

総合利回り

パラカ

パラカ(4809)

【優待内容】QUOカード(2,000円相当)

【権利確定月】9月

【必要投資金額】186,400円

【優待利回り】1.07%

【配当利回り】2.95%

【総合利回り】4.02%

最新株価

キャリアリンク

キャリアリンク(6070)

【優待内容】QUOカード(500円相当~)

【権利確定月】8月

【必要投資金額】190,500円

【優待利回り】0.26%

【配当利回り】1.05%

【総合利回り】1.31%

最新株価

グンゼ

グンゼ(3002)

【優待内容】優待専用カタログギフト(2,000円相当~)

【権利確定月】3月・9月

【必要投資金額】443,000円

【優待利回り】0.00%

【配当利回り】3.16%

【総合利回り】3.16%

最新株価

この優待が含まれるジャンル

ページ上部へ移動