楽しい株主優待&配当

 

東京センチュリー(8439)の株主優待&配当

“オリジナルQUOカード(2,000円相当~)など”が株主優待としてもらえる、情報関連機器、通信機器などをリースしている東京センチュリー(8439)をご紹介します。

東京センチュリーの株主優待

おすすめ度 優待回数 権利確定月
星3.0 1回/年 3月
予想1株配当 143円 優待の価値 5,000円相当
予想配当利回り 2.15% 優待利回り 0.75%
株価 6,650円 優待の最低取得額 665,000円
株価最終更新日:2021/09/17

最新の株価はこちら

株主優待の内容紹介

◎オリジナルQUOカード(クオカード)など

  • (1)オリジナルQUOカード(クオカード)
  • (2)ニッポンレンタカーサービスの優待利用割引券
100株 (1)2,000円相当 + (2)3,000円相当
1,000株 (1)4,000円相当 + (2)3,000円相当
3,000株 (1)6,000円相当 + (2)3,000円相当
【株式継続保有期間2年以上】
100株 (1)2,000円相当 + (2)3,000円相当
1,000株 (1)6,000円相当 + (2)3,000円相当
3,000株 (1)8,000円相当 + (2)3,000円相当

この企業の公式ホームページ

  1. 6月の定時株主総会後に送付予定

※「優待取得までの流れ」の情報は2021年1月現在

コメント

東京センチュリーは、みずほコーポレート銀行・伊藤忠商事・日本生命など有力企業の共同出資によって設立された、リース事業を展開する会社です。銀行・証券など大手の金融会社に対して、情報関連機器・通信機器の賃貸業務が主力事業となっています。

そのほかにも、さまざまな企業向けに、産業機械・輸送機器・事務機器などのリース・割賦販売に取り組んでいます。

株主優待は、“オリジナルQUOカード(2,000円相当~)など”がもらえます。QUOカードは、コンビニやドラッグストアで、残高が0円になるまで何度でも使えます♪

この優待をもらうには

優待をもらう手順

株主優待をもらうまでを、松井証券を例に説明します。

  1. ①口座開設
  2. ②入金
  3. ③買い注文

おすすめの証券会社は?

東京センチュリーは、優待最低取得額665,000

この価格帯で手数料の安い証券会社

  • 1注文ごと
  • 1日定額
順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBIネオトレード証券 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 DMM株 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 GMOクリック証券 479円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 SBI証券 535円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 楽天証券 535円

詳細

順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBI証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 楽天証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 岡三オンライン証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 マネックス証券 550円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 SBIネオトレード証券 660円

詳細

証券会社をもっと比較する

そのほかのおすすめ株主優待

総合利回り

中国工業

中国工業(5974)

【優待内容】QUOカード(1,000円相当~)

【権利確定月】9月

【必要投資金額】82,300円

【優待利回り】1.22%

【配当利回り】1.82%

【総合利回り】3.04%

最新株価

OCHIホールディングス

OCHIホールディングス(3166)

【優待内容】QUOカード(2,000円相当)

【権利確定月】3月

【必要投資金額】132,000円

【優待利回り】1.52%

【配当利回り】2.27%

【総合利回り】3.79%

最新株価

西松屋チェーン

西松屋チェーン(7545)

【優待内容】「西松屋」で使える優待買物割引カード(1,000円相当~)

【権利確定月】2月・8月(20日)

【必要投資金額】143,500円

【優待利回り】1.39%

【配当利回り】1.60%

【総合利回り】3.00%

最新株価

この優待が含まれるジャンル

ページ上部へ移動