楽しい株主優待&配当

南都銀行(8367)の株主優待&配当

“QUOカード(1,000円相当~)など”が株主優待としてもらえる、奈良県を地盤とした地方銀行である南都銀行(8367)をご紹介します。

南都銀行の株主優待

おすすめ度 優待回数 権利確定月
星4.0 1回/年 3月
予想1株配当 102円 優待の価値 1,000円相当
予想配当利回り 5.13% 優待利回り 0.17%
株価 1,989円 優待の最低取得額 596,700円
株価最終更新日:2022/07/01

最新の株価はこちら

単元株数は100株ですが、
優待は300株以上でもらえます。

株主優待の内容紹介

直近の優待変更情報開示日(2020/02/26)要約はこちら

◎以下の内容

  • (1)QUOカード(クオカード)
  • (2)奈良県産品を掲載したカタログギフト
300株 (1)1,000円相当
1,000株 (2)2,000円相当
5,000株 (2)3,000円相当
【株式継続保有期間5年以上】
300株 (1)1,500円相当
1,000株 (2)2,500円相当
5,000株 (2)3,500円相当
【株式継続保有期間10年以上】
300株 (2)2,000円相当
1,000株 (2)3,000円相当
5,000株 (2)5,000円相当

この企業の公式ホームページ

  1. 優待内容が「ポイントサークルのポイント」→QUOカード or カタログギフトに変更されます。

※前回の優待変更情報開示日(2020/02/26)|PDF

コメント

南都銀行は、奈良県を地盤とした地方銀行です。通常の業務だけでなく、移動式ATMや「ほけんの窓口@南都銀行」など、顧客の利便性を高めるサービスをおこなっています。事業者向けには、ベンチャー支援や事業コンサルティングなど経営サポートに力を入れています。

近年は、大阪府や京都府にも積極的に展開していて、営業基盤の拡充を目指しています。

株主優待は、“QUOカード(1,000円相当~)など”がもらえます。QUOカードもカタログギフトも、どちらも使いやすく人気のある優待です♪

この優待をもらうには

優待をもらう手順

株主優待をもらうまでを、松井証券を例に説明します。

  1. ①口座開設
  2. ②入金
  3. ③買い注文

おすすめの証券会社は?

南都銀行は、優待最低取得額596,700

この価格帯で手数料の安い証券会社

  • 1注文ごと
  • 1日定額
順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBIネオトレード証券 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 DMM株 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 GMOクリック証券 460円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 SBI証券 535円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 楽天証券 535円

詳細

順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBI証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 楽天証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 岡三オンライン 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 auカブコム証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 SBIネオトレード証券 0円

詳細

証券会社をもっと比較する

そのほかのおすすめ株主優待

総合利回り

ヒガシトゥエンティワン

ヒガシトゥエンティワン(9029)

【優待内容】QUOカード(1,000円相当~)

【権利確定月】9月

【必要投資金額】325,000円

【優待利回り】0.31%

【配当利回り】4.00%

【総合利回り】4.31%

最新株価

トーセイ

トーセイ(8923)

【優待内容】「トーセイホテル ココネ」のほか、グループ店舗で使える優待宿泊割引券(3,000円相当)など

【権利確定月】11月

【必要投資金額】123,600円

【優待利回り】2.43%

【配当利回り】3.80%

【総合利回り】6.23%

最新株価

ヨロズ

ヨロズ(7294)

【優待内容】QUOカード(1,000円相当~)など

【権利確定月】3月

【必要投資金額】88,000円

【優待利回り】1.14%

【配当利回り】3.75%

【総合利回り】4.89%

最新株価

この優待が含まれるジャンル

ページ上部へ移動