楽しい株主優待&配当

 

アドソル日進(3837)の株主優待&配当

“QUOカード(500円相当~)など”が株主優待としてもらえる、企業や公共施設に情報システムを提供するアドソル日進(3837)をご紹介します。

アドソル日進の株主優待

おすすめ度 優待回数 権利確定月
星2.0 2回/年 3月・9月
1株あたりの配当 33円 優待の価値 500円相当 (×年2回)
配当利回り 1.23% 優待利回り 0.19%
株価 2,677円 優待の最低取得額 535,400円
株価最終更新日:2021/05/07

最新の株価はこちら

単元株数は100株ですが、
優待は200株以上でもらえます。

株主優待の内容紹介

以下の内容(×年2回)

  • (1)「緑の募金」付きQUOカード(クオカード)
  • (2)株主優待カタログ
200株 (1)500円相当
1,000株 (1)1,000円相当
2,000株 (1)1,500円相当
4,000株 (1)3,000円相当、または
(2)3,000円相当
【株式継続保有期間1年以上】
200株 (1)500円相当を追加贈呈

この企業の公式ホームページ

  1. 3月末権利確定分:6月に送付予定(カタログを選んだ人のみ5月に送付予定)
  2. 9月末権利確定分:12月に送付予定(カタログを選んだ人のみ11月に送付予定)
  3. カタログ商品は、申込はがきが到着した日から2週間ほどで郵送(商品の申込がない場合は「緑の募金」付きクオカードとなります)

※「優待取得までの流れ」の情報は2019年9月現在

コメント

アドソル日進は、公共施設や大企業向けの情報システムを開発している会社です。2008年には東京電力と共同で「グラっとシャット」という、地震がおきたときに、自動で電気器具への通電を止めるシステムを開発しています。

同社のシステムは、住宅やオフィス、学校や店舗、病院など、あらゆる場所で活用されています。私たちの便利な生活は、この企業のおかげかもしれませんね。

株主優待は、“QUOカード(500円相当~)など”がもらえます。さらに、1年以上継続して株を保有すれば、追加で500円相当のQUOカードが年2回(合計1,000円)がもらえちゃいます♪

この優待をもらうには

優待をもらう手順

株主優待をもらうまでを、松井証券を例に説明します。

  1. ①口座開設
  2. ②入金
  3. ③買い注文

おすすめの証券会社は?

アドソル日進は、優待最低取得額535,400

この価格帯で手数料の安い証券会社

  • 1注文ごと
  • 1日定額
順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBIネオトレード証券 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 DMM株 374円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 GMOクリック証券 479円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 SBI証券 535円

詳細

1注文ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 楽天証券 535円

詳細

順位 証券会社 手数料 詳細ページ
1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社1位 SBI証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社2位 楽天証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社3位 岡三オンライン証券 0円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社4位 マネックス証券 550円

詳細

1日の約定料金ごとの手数料 おすすめの証券会社5位 SBIネオトレード証券 660円

詳細

証券会社をもっと比較する

そのほかのおすすめ株主優待

総合利回り

フジ

フジ(8278)

【優待内容】株主優待割引券(2,000円相当~)など

【権利確定月】2月・8月

【必要投資金額】214,300円

【優待利回り】1.87%

【配当利回り】1.17%

【総合利回り】3.03%

最新株価

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)

【優待内容】優待券(3,000円相当~)など

【権利確定月】2月・8月

【必要投資金額】111,400円

【優待利回り】5.39%

【配当利回り】1.44%

【総合利回り】6.82%

最新株価

あおぞら銀行

あおぞら銀行(8304)

【優待内容】円定期預金優待券など

【権利確定月】3月・6月・9月・12月

【必要投資金額】243,600円

【優待利回り】0.00%

【配当利回り】5.01%

【総合利回り】5.01%

最新株価

この優待が含まれるジャンル

ページ上部へ移動