PC表示スマホ表示
富士急行
トップ株主優待をジャンル別に紹介芸術・娯楽 > 富士急行

富士急行(9010)の株主優待&配当


 “電車全線回数券や施設割引券”が年2回株主優待としてもらえる、株主優待で人気の富士急行(9010)を紹介します。

富士急行の株主優待
事業の種類 優待種類
芸術・娯楽 芸術・娯楽
権利確定月 優待回数
3 月 , 9 2

株主優待券の内容紹介


【注意事項】

  • ・下記の内容で、株式併合と単元株数の変更があります。
     →株式併合の基準日:2017年10月1日
     →単元株数:1,000株→100株
  • ・株式併合により2018年3月以降の優待取得に必要な株数が変更されます。

<2018年3月以降の優待内容:株式併合後>
電車全線回数券(1枚1乗車有効)、施設割引券 (×年2回)
(1)電車・バス・観光施設共通優待券
(2)フリーパス引換券
(3)高速バス乗車回数券
(4)電車・バス全線優待パス
(5)施設割引券
(6)長期保有特別優待券(3年間連続保有ごと)

 ・100株 … (1)5枚、(5)1冊
 ・500株 … (1)10枚、(2)1枚、(5)1冊
 ・1,500株 … (1)10枚、(2)2枚、(5)1冊
 ・2,500株 … (1)15枚、(2)3枚、(3)1枚、(5)1冊
 ・5,000株 … (1)25枚、(2)4枚、(3)2枚、(5)1冊、(6)2枚
 ・10,000株 … (1)40枚、(2)5枚、(3)4枚、(5)1冊、(6)2枚
 ・17,500株 … (1)40枚、(2)6枚、(3)4枚、(4)1枚、(5)1冊、(6)3枚

※(6)は「ハイランドリゾートホテル&スパ」「ホテルマウント富士」の指定するツインルーム室料100%またはホテル内レストラン利用料30%割引券


富士急行の公式ホームページ


コメント(企業の紹介、株主優待に関する感想など)

富士急のイメージ画像  富士急行は、「富士急ハイランド」、「ハイランドリゾート」など様々なレジャー施設を有していることで有名です。1926年に富士山麓電気鉄道として設立後、1960年に現在の富士急行に改称しています。レジャーの他にも、鉄道やバスなど、地域に密着した事業もおこなっており、歴史のある企業として親しまれています。


 株主優待では、富士急ハイランドの入園券はもちろん、高速バスやホテルなどの各施設の割引券もたくさんもらえちゃいます。また3年以上の長期保有をしている方には特別優待券(指定するホテルのツインルームの室料無料など)もあります!


この企業を見た方へのおすすめ企業

 ・オリエンタルランド(娯楽) ・東京ドーム(娯楽) ・湖池屋(飲食料品)

 


株主優待や配当金をネット証券でお得にもらうには?】
1.ネット証券に資料を請求する→2.口座をひらく→3.株を買う→4.株主優待や配当金をもらう権利を獲得!…詳しくは株主優待・配当の基礎で紹介しています♪