1. TOPページ
  2. 株主優待ブログ
  3. 2019年
  4. AOKIホールディングスから、ORIHICAやアニヴェルセルカフェで使える割引優待券が届きました!

AOKIホールディングスから、ORIHICAやアニヴェルセルカフェで使える割引優待券が届きました!

公開日時:2019/03/04

AOKIホールディングスの株主優待品 画像

AOKIホールディングスは、日本の紳士服メーカーです。本社は神奈川県横浜市にあります。紳士服業界の会社として日本ではじめて接客スタイリストを導入した会社として知られます。2004年のスタイリスト導入当時から、専門知識を持ったスタッフの育成にも励んでいるそうです。

紳士服のイメージが強いAOKIですが、その他にブライダル事業やエンターテイメント事業といった幅広い事業構成が特徴です。そんな紳士服事業を主軸に事業を展開する「AOKIホールディングス」の株主優待を取得したので、使用感や注意点をまとめました♪

AOKIホールディングスの株主優待品の内容

AOKIホールディングスの株主優待は100株から受け取ることができます。内容は、AOKIホールディングスの系列店で使える優待券です。株数が増えると受け取ることのできる優待券が増えます。

■AOKI、ORIHICA、アニヴェルセルカフェの20%割引優待券
・100株~ 5枚
・1,000株以上 10枚

■アニヴェルセル 各施設の10万円優待券
・100株~ 1枚

■コートダジュール・快活CLUBの20%割引優待券
・100株~ 10枚
・1,000株以上 30枚

AOKIホールディングスの優待券は施設ごとに券が別々になっているところが特徴です。 優待の発送は年2回。到着は6月頃と12月頃になります。

AOKIホールディングスについて

AOKIホールディングスの業績はやや下降気味です。連結営業利益は前年同期と比較すると1割ほど減って約45億円となっています。事業の柱である紳士服の売上が振るわなかったため、売上が減じたと見られています。オフィス服がカジュアル化し、おしゃれ着で通勤できる会社も増えています。特に冬物のスーツが不振でした。

紳士服以外の事業でフォローできるのかが焦点になっています。

優待券を3タイプに分ける必要はある?使いやすいのはスーツと快活CLUBの優待券

AOKIホールディングスといえば紳士服です。優待も事業の柱である紳士服で使える優待券を筆頭に、AOKIホールディングスの展開している各サービスを利用できる優待券です。優待券を受け取れば、AOKI関連の事業を優待価格でひととおり体験できてしまうわけです。ただ、実際に使うことができるかどうかは別問題。使い切ることができるかどうかも別問題です。

AOKIの優待券にはウェディング関連の優待券があります。一生に何度も結婚式を挙げるわけではありませんので、この優待券を使い切るのは大変ですね。カフェも出店が表参道などの関東方面なので、優待はやや使いづらさがあります。

要するに、サービスをひととおり受けることができる反面、優待としては「使いどころがむずかしい」、「使い切りづらい」優待になっているのです。優待券をばらばらにしないで、「系列店ならどこでも使っていいですよ」タイプならもっと使いやすかったのではないでしょうか。この点はマイナスポイントです。

どの地域に住んでいても使いやすいのは、スーツに使える優待券とインターネットカフェである快活CLUBで使える優待券でしょうか。快活CLUBは店舗数が多いので、かなり使いやすいと思います。AOKIの店舗は女性用のスーツもかなり充実している印象です。男女ともに、地域に関係なく使うことができそうだと感じました。

今回はスーツと快活CLUBに使える優待以外はばっさり切り捨てることにしました。もったいないですが・・・仕方がありません。今度の休みに優待券を使ってスーツまたは冠婚葬祭用の礼服を購入しようと思います。その足で快活CLUBに行き、マンガでも読んできます。

優待品を使うときの注意点

AOKIホールディングスの優待の注意点は「優待券の多さゆえのややこしさ」です。優待券1種類で「系列店で使えます」というタイプではなく、系列店ごとに優待券が分かれているタイプです。優待券を間違えないようにしましょう。

優待券ごとに、併用できたり、できなかったりします。たとえば、AOKI・ORIHICA・アニヴェルセルカフェの優待券は他の優待券や割引特典と1枚のみ併用できます。優待券それぞれに利用にするときの注意点があるため、やや複雑です。使う時は事前に「使えますか?」と確認した方が安全かもしれませんね。

AOKIホールディングスの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→AOKIホールディングスの【最新の株価】はこちら