1. TOPページ
  2. 株主優待ブログ
  3. 2019年
  4. 東映から「T・ジョイ」、「109シネマズ」などの映画館で使える優待券が届きました!

東映から「T・ジョイ」、「109シネマズ」などの映画館で使える優待券が届きました!

公開日時:2019/04/26

東映の株主優待品 画像

東映は、日本の映画撮影・配給の大手です。歴史は古く、会社設立は何と1949年!70年前から日本の映画業界を支え、多くの人に映像という媒体を通して感動を届け続けている会社です。

東映はテレビ朝日の大株主という顔も持っており、テレビ業界にも大きな影響力を持っています。東映太秦映画村の運営をはじめとした観光業にも力を入れているところも知られていますね。

そんな東映の株主優待の中身とは、どんなものなのでしょうか。優待を実際に取得して、使用感や注意点をまとめてみました♪

東映の株主優待品の内容

東映の優待は、映画鑑賞に使える株主優待券6枚です。

優待券の発行は年2回で、6月下旬と12月下旬に届きます。優待は最低100株から受け取ることができます。また、優待のボリュームは株数によって変わります。株数が増えると、それだけ優待もボリュームもアップ!

100株以上 6枚綴り1冊
200株以上 6枚綴り2冊
400株以上 6枚綴り4冊
700株以上 6枚綴り6冊
1,300株以上 6枚綴り8冊
2,000株以上 6枚綴り10冊
4,000株以上 6枚綴り20冊
6,000株以上 6枚綴り30冊

東映について

東映の2月13日の決算発表では、純利益が前年の同時期より7%減って83億円という結果でした。しかし、売上高や営業利益はアップしています。スマートフォンゲーム関連事業やドランゴンボールなどのアニメ映画での収益が良好だったためです。

純利益が減ったのは、投資の方でリターンが少なかったためだとか。今後は純利益や売上高がやや減るだろうと予測されています。ただ、配給映画の人気によっては利益アップも期待できます。

映画好きな人は有効活用できそう!ただ期限の短さや対象映画館の少なさがネック

東映の優待は映画好きにうれしいタイプです。東映配給の映画は優待券1枚他社配給の映画は優待券2枚で見ることができます。

知人に「仕事が早く終わったら、その足で映画館に行く」という人がいます。そんな映画好きで映画館へ日常的に足を運ぶタイプの人には使い勝手のいい優待ではないでしょうか。

丸の内や渋谷の対象映画館では「3D映画」にも優待が使えるようで、最寄りに住んでいる映画好きの人にうれしいですよね。ただ、あまり映画館に足を運ばないタイプや、1年に1作や2作くらい見ればいいやという人は、使いにくい優待かもしれません。・・・私がまさにそのタイプです。

この優待、12月に届いた分の優待は、2・3月中に使ってくださいという優待券、4・5月中の優待券、6・7月中の優待券の3タイプあります。あまり映画館に足を運ばないタイプはそんなに短いスパンで映画見るかな~・・・と、使い切れるかちょっと心配になります。

また、対象の映画館が東京・大阪などの大都市に集中していることも使用感としてはややマイナスです。名古屋は最寄りの「109シネマズ名古屋」で使えるようなので、配給の状況をチェックして何か見てこようと思います。調べついでに前売り券で使っちゃおうと画策したのですが、前売り券には利用できないそうです。ガーン。

優待品を使うときの注意点

東映の優待を使う上で注意したいのは2つのポイントです。

1つは、優待券の期限です。優待券タイプの優待は、多くに使用期限が設定されています。期限は1年というタイプが多いです。東映の場合は優待券を受け取ってから、あるいは発行されてから1年ではなく、もっとタイトな期限が設定されています。

使用感の部分でもお話ししましたが、この使用期限のタイトさが優待をやや使いにくくしています。優待券を使い切ろうとしたらかなり大変かも…というところ。

もう1つは、優待券の対象施設の少なさ。対象施設が大都市に集中しているため、地方都市の株主は施設での利用がむずかしくなっています。映画のために毎月のように上京するわけにはいきませんしね。全体的に大都市に住んでいる株主向けの優待という感じです。対象施設がない地域の人は株を買う前によく考えてくださいね。

東映の権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→東映の【最新の株価】はこちら