1. TOPページ
  2. 株主優待ブログ
  3. 2019年
  4. monotaROから株主優待品として、ティッシュやタオルペーパーが届きました!

monotaROから株主優待品として、ティッシュやタオルペーパーが届きました!

公開日時:2019/06/21

MonotaROの株主優待品 画像

monotaRO(モノタロウ)は、事業者向けの素材を販売している会社です。本社は兵庫県に置いていますが、関連子会社は韓国や中国、インドネシアにもあり、海外でも手広く事業を展開しています。

monotaROのネットストアは、取扱商品数1,800万点という充実ぶり。取扱商品はオフィス用品から配管用品に建築用品、測定機器に空圧機器までいろいろ。事業者が施行や社内事務で使える商品がメインですが、一般の人が家庭で使える介護用品やキッチン用品などもあります。巨大なホームセンターや業務用ストアという感じでしょうか。

そんなmonotaROの株主優待を取得してみました。優待の内容から使用感まで、余さずお伝えいたします♪

MonotaROの株主優待品の内容

MonotaROの優待は、自社企画商品(プライベートブランド)(5,000円相当)です。

monotaROの株主優待は100株から受け取ることができます。優待の内容は、プライベートブランド商品の詰め合わせ。優待内容は選ぶことができ、株の保有年数に応じて、内容がよりゴージャスになります。※私は今回5,000円相当の優待です。

・継続保有6か月以上 3,000円相当(税抜)
・継続保有3年以上 5,000円相当(税抜)
・継続保有5年以上 7,000円相当(税抜)

株主優待は年1回です。優待が届くのは3月頃になります。

MonotaROについて

monotaROが2019年4月26日に発表した決算では、連結経常利益は約17%の伸びという結果でした。売上営業利益率は1%ほど下がって11.5%

ただ前年同期と比較すると、全体的に業績はアップしていますので、今後の業績に期待したい会社ですね。

monotaROの優待は「生活必需品」がそろう!節約したい人・家計の負担を減らしたい人にオススメ!

monotaROは「事業者向け製品」という印象が強いので、優待品もそういった自社製品なのかなと考えていました。ところが、選べる製品を見ると意外!一般家庭にも大いに役立つアイテムがそろっています。むしろ、お役立ち商品が多すぎて自分で決めきれず、妻の意見を聞きながら選んだくらいです。

そんなこんなで優待内容を選んでからしばらくして、家に大きなダンボール箱の荷物が到着。玄関を占拠するくらい大きなダンボール箱に、家族が驚いていました。もちろんダンボール箱の中身は、選んだ優待品です!

今回私が頼んだのは、下の3種類。
・箱ティッシュ
・ウェットティッシュ
・タオルペーパー

じつはmonotaROの株は3年以上保有しているので、優待の総額は5,000円相当です。必需品が多いので、家計は大助かりですね。「いい会社だねぇ…」と妻がよろこんでいました^^

普段の買い物でティッシュを買うと地味に持ち帰りが大変なので、「買い物が楽になる」という意味でもありがたいですね。家にまとめて届けてくれるわけですから。現在の保有年数は3年ですが、保有年数が5年になったら、優待総額は7,000円相当になります。長期で持っておきたい銘柄ですね♪

優待品を使うときの注意点

monotaROの優待の注意点は2つ

1つは株の保有期間。もう1つは、優待の申し込み方法です。

monotaROの株主優待は、株の保有期間が増えると優待の中身も増えます。勘違いしがちですが、株数は関係ありません。100株以上の株主が株主優待の受け取り対象になり、100株以上をどれだけの期間持っていたかが重要になります。株数が増えると優待が増えるタイプと勘違いしないようにしてくださいね。

また申込方法ですが、monotaROの優待は「ハガキ」と「サイト」、どちらで申し込むかによって選べる優待の内容が変わってきます。monotaROの株主専用サイト経由で申し込むと、10万点以上のプライベートブランド商品の中から自由に選ぶことが可能。一方のハガキで申し込むと、案内に掲載されている商品の中から選ぶことになります。

よりたくさんの商品から選びたいという人は、株主専用サイトを使ってくださいね。

MonotaROの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→MonotaROの【最新の株価】はこちら