楽しい株主優待&配当

  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 中級者
  4. キャッシュ比率を高めるタイミングについて教えて下さい!

キャッシュ比率を高めるタイミングについて教えて下さい!

相場が怪しくなってきたら「キャッシュ比率を高める」とはよく聞きますが、実際にそうしているんですか?スミレさんはどういったときにキャッシュ比率を高めていますか?

私自身、すべてを投資にまわしていた時期もありましたが、株価下落時の負担が大きく苦しい思いをしました。そこで現在は、「下落相場にはいったと感じたとき」、「損切が続いて調子が悪いとき」などに、キャッシュ比率を高めることで精神的負担を減らすようにしています。詳しくご説明しますね。

(タイミング1)損切が続いて調子が悪いとき

株式投資をしていると、損切りが続いて調子が悪いと感じる場面もあると思います。損切が続いているときは、無理に損を取り返そうと考えるのではなく、さらに株価が下がったときの損失を軽減させるために、キャッシュ比率を高めています。

反対に、大きく利益がでたあとは、調子に乗って資金管理が甘くなったり、リスクを取りすぎてしまうことがあります。このような場合にも、せっかく出た利益を失わないように、キャッシュ比率を高めて気持ちを落ち着かせるようにしています。

(タイミング2)下落相場にはいったと感じたとき

下落相場では、多くの銘柄の株価が下がるので投資の難易度が上がります。このとき、キャッシュ比率が低いと精神的な負担が大きくなります。そのため下落相場では、キャッシュ比率を高めるといった安全策を取ることで、無理をせずやり過ごしています

また、下落相場では、想像以上に株価が下がることもあるので、キャッシュを多めに持っておくと思わぬ安値で買い増すこともできます。

最後に

株式投資では、冷静さを失ったときに大きなミスをしやすくなります。そこで、精神的に苦しいと感じたときには、キャッシュ比率を高めることで負担を調整しています。自分にとって精神的な負担の少ない方法を取ることが、株式投資を長く続けていくための秘訣だと考えています!

こちらの相談記事も人気です

お悩み相談室 室長のプロフィール

スミレ(投資ブロガー)

20代の主婦投資家です。株式投資歴は8年を超えました!「株式投資の育て方」という投資ブログで、株式投資の考え方や注意点などを、初心者の人にもわかりやすく解説しています。

ページ上部へ移動