楽しい株主優待&配当

 
  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 初心者
  4. 株主優待を取得するときの注意点を教えてください!

株主優待を取得するときの注意点を教えてください!

初めて株を買って株主優待をとってみたいと思います!どういった点に注意すればいいか、お手数ですが教えて下さい!

初めて株を買うときは緊張しますよね…!わかりました。それでは、株主優待を取得するときに注意すべきポイントを4つ紹介していきますね♪

注意ポイント1:権利確定日を間違えない

株主優待は、企業の「権利付き最終日」までに株を買って「権利落ち日」まで保有することで取得できるのですが、ここで注意したいのは「権利確定日が企業によって変わる」ことです。

ほとんどの企業は、権利確定日が月末ですが、中には15日20日などもあります。権利確定日を間違えてしまうと、せっかくの優待を取得しそびれてしまいますので、狙っている優待がある場合には、優待月+日付までしっかり確認するようにしましょう!

注意ポイント2:取得株数を間違えない

株主優待をもらうために必要な株の取得枚数は企業ごとに異なります。すべての企業が100株保有から優待がもらえるわけではなく、中には「200株」や「1,000株」などが必要な企業もあります。

そのほかにも、保有枚数によって優待内容がグレードアップする企業もあります。そのため、優待内容だけでなく取得枚数までしっかりチェックしておきましょう!

注意ポイント3:継続保有がいるかどうか確認する

株主優待の取得に「継続保有」がいるかどうかも確認するようにしましょう。通常であれば、権利付き最終日から権利落ち日の間だけ株主でいれば、優待を取得することができます。

しかし、中には1年や2年などの長期で株を保有してくれた株主にのみ優待を進呈する企業もあります。継続保有の判定は企業によって違い、毎年、権利付き最終日~権利落ち日の間だけ株主になれば継続保有と認められる場合もあります。

一方で、権利確定日だけでなく「基準日」にも継続保有を確認する企業もあります。基準日もそれぞれの会社でいろんなパターンがあるため、確実に優待をもらいたいのであれば、優待取得に必要な枚数は売らずに保有し続けておくことをおすすめします!

注意ポイント4:使用ルールを確認しておく

株主優待の使用ルールも、事前に確認しておきましょう。

例えば、ヤマダホールディングスは、500円相当の買物割引券がもらえますが「1,000円ごとに1枚までの使用」というルールがあります。ほかにも、ラウンドワンは、500円割引券がもらえますが、「1人1日1枚までの使用」が条件となっています。

このように企業ごとにルールが設けられている場合があるので、優待の金額だけでなく、自分にとって使い勝手がいいかどうかを確認しておきましょう。

さいごに

ここまで、株主優待のルールを紹介してきました。株主優待は「権利確定日・取得枚数・保有期間」などを間違えてしまうと、優待が取得できないので特に注意しましょう!

また、優待の使用ルールを事前に確認しておくと、「思ったよりお得じゃなかった」、「案外使い道がなかった」というような事態を防げます♪

この記事を見た人は、こちらも読んでいます

この記事を書いた人

スミレ(投資ブロガー)

株式投資歴6年の主婦投資家です。これまでの経験を活かして、株式投資の悩みや疑問を分かりやすく解説します!

詳しいプロフィールはこちら→

ページ上部へ移動