楽しい株主優待&配当

 
  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 初心者
  4. 権利確定日が「株主優待」と「配当」で違うって本当ですか?

権利確定日が「株主優待」と「配当」で違うって本当ですか?

ある優待銘柄で権利確定日を過ぎていないのに配当がもらえました。どうやら優待と配当で権利確定日が違うようなのですが、そういうことってあるんですか?

はい、企業によっては株主優待と配当で権利確定日が異なる場合もあります。

例えば、KDDI(9433)の場合、株主優待の権利確定日は3月、配当の権利確定日は3月・9月です。つまり、KDDIの株主は、9月の権利確定日には配当のみですが、3月の権利確定日には配当に加えて優待が受け取れます。

ほかにも、 本田技研工業(7267)のように、株主優待の権利確定日は3月・6月・12月で、配当は3月・6月・9月・12月と四半期ごとにもらえるといったケースも存在します。

配当については「期末にまとめて実施されるケース」、「中間と期末に分けて実施されるケース」、はたまた「四半期ごとに実施されるケース」と、企業によってパターンが変わります。

そこで、株を買う際には、株主優待と配当それぞれの権利確定日をチェックすることをおすすめします。

楽しい株主優待&配当より

当サイトで紹介している権利確定日は、株主優待の権利確定日を掲載しています。お手数ですが、配当の権利確定日は「会社四季報」や「各企業のIR情報」などを参考に確認するようお願いいたします。

この記事を見た人は、こちらも読んでいます

この記事を書いた人

スミレ(投資ブロガー)

株式投資歴6年の主婦投資家です。これまでの経験を活かして、株式投資の悩みや疑問を分かりやすく解説します!

詳しいプロフィールはこちら→

ページ上部へ移動