楽しい株主優待&配当

 
  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 初心者
  4. 権利付き最終日の夜間取引で権利はとれますか?

権利付き最終日の夜間取引で権利はとれますか?

夜間取引というものがあるのを知りました。この夜間取引について質問ですが、権利付き最終日の夜に購入しても権利は取れるのでしょうか?

まず復習ですが、夜間取引を使うと「市場が閉まっているあいだでも取引ができる」ようになります。この便利な夜間取引は、ネット証券では、SBI証券楽天証券松井証券などを使えば利用できます。

では、本題ですね。夜間取引を使って、権利付き最終日の夜間に株を購入取引した場合、はたして優待は受け取れるのでしょうか?

夜間取引は翌営業日扱いになる

結論から言うと、権利付き最終日の夜間に買った株は「翌営業日の取引として扱われる」ので、優待や配当を得る権利はもらえません

夜間取引を使って優待の権利を取る場合には、権利付き最終日の前営業日までに買っておく必要があります。

たとえばの話でシミュレーションしてみましょう。

  • 2021年10月の権利付き最終日は「10月27日(水)
  • 10月27日(水)」の夜間取引で株を買う…翌日「10月28日(木)」の取引として扱われるので権利はとれない
  • 10月26日(火)」の夜間取引で株を買う…翌日「10月27日(水)」の取引として扱われるので権利はとれる

日中取引を使えば16:00まで買えるが...

ちなみに、日中取引で買った株に関しては、もちろん当日分の取引として扱われます。

楽天証券やSBI証券の日中取引時間は、8:00~16:00ですので、15:00までに株を買えなかった場合でも16:00までに購入すれば、理論的には優待はもらえます。

しかしながら、15:00以降は参加者が大幅に減り、株を買いたくても買えないこともありますのであまり期待しないようにしましょう。

この記事を見た人は、こちらも読んでいます

お悩み相談室 室長のプロフィール

スミレ(投資ブロガー)

20代の主婦投資家です。株式投資歴は8年を超えました!「株式投資の育て方」という投資ブログで、株式投資の考え方や注意点などを、初心者の人にもわかりやすく解説しています。

ページ上部へ移動