1. 楽しい株主優待&配当 TOP
  2. 証券会社の比較
  3. NISAとは?手数料やキャンペーンの比較

NISAとは?手数料やキャンペーンの比較

NISA(ニーサ)とは

NISA(ニーサ)とは、株や投資信託の配当金や値上がり益を非課税にする制度のことで、正式名称は「少額投資非課税制度」といいます。通常の投資では、株式投資で得られた値上がり益・配当などに約20%の税がかかりますが、NISA制度を利用すると、その利益を課税なしで受け取ることができます。

もちろん無制限に投資ができるわけではありません。毎年120万円の非課税投資枠が設けられ、その中で発生した利益・配当が対象となります。

ここがNISAのポイント!

  • NISA口座で資産運用すると毎年120万円の投資枠で得た利益が非課税となる
  • 非課税になるのは、株式や投資信託の値上がり益・配当金(分配金)
  • 非課税期間は、投資をはじめた年を含む最長5年間
  • 非課税投資枠は最大600万円(120万円×5年)
  • NISA口座を開設できる期間は、2014年~2023年の10年間
  • NISA口座を作れるのは20歳以上(お子様にはジュニアNISAがあります)

※毎年、投資金額120万円までの非課税枠がもうけられていますが、その年に使用しなかった非課税枠を翌年に繰り越すことはできません。また、途中で売却してしまった分の枠は再利用ができませんのでご注意ください。

NISAのイメージ

<出展:楽天証券

損益通算ができない?NISA口座と一般口座の違い

例えば、2014年に100万円で投資した株が、5年後の2019年に150万円に値上がりしたとします。その時点で売却すると、150万円から100万円を差し引いた50万円の利益に対して20%(10万円)の税金がかかります。しかし、NISA口座で運用していれば無税で済むことになります。つまり、この場合では10万円も得をしたことになります。

<ポイント>NISAは利益が出ることが前提

すべてにおいて恵まれている制度にみえるNISA。しかし、株価が下落して損をした場合は一般口座・特定口座のほうが有利だという点を覚えておきましょう。

なぜなら、NISA口座は損をしても損益通算ができないからです(一般口座・特定口座は損益通算ができます)。NISA口座を利用して得をするのは利益がでることが大前提です。

NISAはどちらかというと長期投資向け

最大600万円(120万円×5年間)まで非課税枠で投資ができるのですが、一度売った分の枠は再利用ができませんので、短期売買ばかりしていたらすぐに非課税枠はなくなってしまいます。

ですから、少しの儲けでちょこちょこ売るのはもったいないです。もし私がNISA口座を使って投資をするとしたら、株であれば「割安成長株」を買いますし、投資信託なら「外国株式ファンド」の中でも、手数料の安い「インデックスファンド」を買うでしょう。

超長期投資には「つみたてNISA」という選択肢も!

「つみたてNISA」と「NISA」の違いはご存知でしょうか?

「つみたてNISA」は「NISA」とは違い、1年間に投資できる金額は合計で40万円と少ないですが、非課税期間は20年と長く、文字通り「つみたて」に適した制度です。

つみたてNISAが特に向いているのは「毎月少額をコツコツ積み立てて資産を増やしたい人」です。ネット証券であれば毎月100円~積立ができるので、気軽に資産運用を始めることができます。

【つみたてNISAの注意点】

注意点としては投資商品の違いがあることを覚えておきましょう。NISAでは株式・投資信託・ETFなど複数の商品に投資することができましたが、つみたてNISAでは国が厳選した投資信託に限られます。そのため、つみたてNISAでは優待品が取得できません

また、NISAとつみたてNISAを併用することもできません。NISA利用中の人が、つみたてNISAに変更する場合は「切り替え作業」が必要なので注意しましょう。

NISAをはじめる証券会社を決めてみよう

NISAについておおむね分かっていただけたでしょうか?最後にNISAをはじめる準備です。NISA口座を作るためには、あらかじめ通常の証券口座を持っておく必要があります。そのおおまかな流れは下記のとおりです。

  1. 取引をする証券会社を決める
  2. 通常の証券口座を作る
  3. NISA口座を作る

もうすでに通常の証券口座を持っていて、その証券会社で新しくNISA口座を開くのも1つの手ですし、改めて口座開設キャンペーンや、下に記載する手数料で比較するのも1つの手でしょう。

ちなみに口座開設キャンペーンとは別にNISA口座開設キャンペーン(下表)のある証券会社もあるので、あわせて活用するとさらにお得です♪こちらもかんたんに紹介していきますので、ぜひご参考ください。

【各証券会社のNISAキャンペーン一覧】
証券会社 キャンペーン内容
楽天証券 NISA口座の開設+合計5,000円以上の対象取引をすると、抽選で300名に3,000ポイントがもらえます!(2019年9月6日まで)
【NISA口座の手数料比較表】
証券会社 株式の売買手数料(税抜)
10万円
以下
30万円
以下
50万円
以下
120万円
以下
松井証券 一律無料恒久
GMOクリック証券 一律無料恒久
楽天証券 一律無料恒久
SBI証券 一律無料恒久
カブドットコム証券 一律無料恒久
マネックス証券 一律無料恒久
SMBC日興証券 125円 250円 400円 800円
ライブスター証券 80円 180円 180円 400円

せっかくの非課税制度なので、その利益を最大限受け取れるようにしておきたいもの。そんなNISA口座を選ぶ基準の1つとして、「売買手数料」があります。

「NISA口座」、「通常の証券口座」のどちらでも株取引はできますが、通常の証券口座の売買手数料とは異なり、NISA口座のほうが安くなっていることがポイント!できれば手数料無料の証券会社の中から選びたいところです。

手数料のほかにも、「魅力的なキャンペーン」や「自分の投資したい商品」を扱っている証券会社といった基準で慎重に選びましょう!