楽しい株主優待&配当

 
  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 中級者
  4. コロナショックでの大暴落…スミレさんはどのように立ち回りましたか?

コロナショックでの大暴落…スミレさんはどのように立ち回りましたか?

コロナショックの大暴落でかなり損失が膨らんでしまいました…。これほどの大暴落ははじめてで、どのように動いてよいかわからず、不要な損切りや高値づかみをくりかえしてしまったためです。スミレさんはどのように立ち回りましたか?

現在の資産は暴落前の水準まで無事に回復していますが、コロナショックのような大暴落が起こると、一時的に大きく資産が減ってしまいます。そこで、コロナショックでどのような行動をとったのかについて振り返ってみたいと思います。

コロナショックの影響が限定的な株に投資する

私は、暴落を予測することも、株価の底を当てることもむずかしいと思っています。そのため、相場予測ではなく、有望銘柄探しに力を入れていました。

具体的には、コロナの影響の大きい会社は売り、コロナショック下でも業績拡大が期待できる会社への入れ替えをおこないました。あとは、相場の乱高下に惑わされずしっかり保有し続けただけです。

ちなみに、コロナが特需となって業績が一時的にアップするような会社は、短期的な株価上昇の可能性があっても、長期的な成長が期待できないようであれば買わないようにしていました。一時的に需要が増えただけで、その後成長が持続しなければ失望され、株価が大きく売られるリスクがあるからです。

一方で、コロナショックの影響をモロに受ける株は、大きく株価が下がっている分、反発したときに大きな利益が期待できます。しかしながら、コロナの影響が長引いたら業績が読めないことや、かつてないほどのピンチということもあり、万が一倒産したらどうしよう?と不安があったので積極的には買いませんでした

焦って損を取り返そうとしない

暴落時にあせって損を取り返そうとしないことも心がけています。

例えば、信用取引で自分の資産以上の金額を取引する、やったことのない空売りをするなど…損を取り返すために、あせっていつもと違うことに手を出しても、損を広げるだけだと思っているからです。

相場の乱高下はいずれ落ち着きます。相場に流されて、普段のやり方を変えるのではなく、自分自身がブレないことが大切だと思っています。

さいごに

コロナショックで株式市場は混乱し、多くの投資家が先行きに強い不安感を感じていました。もちろん、私自身も今まで経験したことのない大暴落に恐怖を感じました

しかし、業績に大きな影響のない会社の株価が半分になり、考えられないくらい割安な銘柄もゴロゴロしていたのも事実です。このような優良株を安く買うチャンスはそうそうありません。さらに言えば、不透明感が消えたころには、このようなお宝株も残っていません。

将来大きく株価が上がる株を買いたいなら、多くの投資家が悲観的になっているときこそ絶好の買い場になるのではないでしょうか。

この記事を見た人は、こちらも読んでいます

お悩み相談室 室長のプロフィール

スミレ(投資ブロガー)

20代の主婦投資家です。株式投資歴は8年を超えました!「株式投資の育て方」という投資ブログで、株式投資の考え方や注意点などを、初心者の人にもわかりやすく解説しています。

ページ上部へ移動