楽しい株主優待&配当

 
  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 中級者
  4. ポートフォリオの銘柄数は大体どれくらいですか?また、入れ替えるタイミングってどんなときですか?

ポートフォリオの銘柄数は大体どれくらいですか?また、入れ替えるタイミングってどんなときですか?

いま、銘柄選定をしているのですが、どれぐらいの数がちょうどいいのか迷っています。スミレさんはどれくらいの銘柄数でポートフォリオを組んでいますか?

私の場合は、小型の成長株を5~6つ選んで投資しています。

過去には、1~2銘柄に集中して投資していたこともあったのですが、「業績悪化や不祥事が起きたら大きく資産が減ってしまうだろう…」と、精神的な負担がとても大きくつらかったので、現在は銘柄数を増やしてリスクを抑えています

私のように、小型株成長株などのリスクの高い銘柄に投資している場合には、1銘柄の影響が大きくなりすぎないように適度に分散することをおすすめします。それでは銘柄入替のタイミングについてご紹介していきます。

入替タイミング1:株価が上がって、割高になったとき

株価が、自分のイメージどおりに上がり、現在の業績や将来の成長分を織り込んで、現在の株価では割高だと感じたときには、利益確定をして銘柄を入れ替えています。

入替タイミング2:含み損が膨らんだとき

私の場合は、含み損をかかえた調子の悪い銘柄は早めに売って、含み益の出ている調子の良い銘柄を長く持つことを心がけています。

そのため、値上がりを期待して投資したもののうまくいかず損が膨らんだ銘柄や、業績の見込みが想定より悪く、「本格的に株価が上がるのはまだまだ先になりそう」と判断した銘柄は、一旦売るようにしています。

こうすることで、ポートフォリオには常に調子のいい銘柄をいれておくことができるからです。さらに、ポートフォリオが常に含み益の状態になるので、精神的にも楽になります。

入替タイミング3:ほかにいい銘柄が見つかったとき

投資している銘柄以外にも、気になる銘柄はリストにいれて監視し、好業績や好材料を発表した場合には、保有株と入れ替えることもあります。

投資できる資金は限られているので、上がる見込みがまだまだ先の銘柄に投資して待つよりは、いま調子がいい株を選んで投資したほうが効率的だと考えているからです。

この記事を見た人は、こちらも読んでいます

この記事を書いた人

スミレ(投資ブロガー)

株式投資歴6年の主婦投資家です。これまでの経験を活かして、株式投資の悩みや疑問を分かりやすく解説します!

詳しいプロフィールはこちら→

ページ上部へ移動