1. 楽しい株主優待&配当 TOP
  2. お悩み相談室
  3. 初心者
  4. なんで1年以上経たないともらえない優待があるんですか?

なんで1年以上経たないともらえない優待があるんですか?

株主優待の中には長期で株をもってないともらえない優待があるのを知りました。なんで1年以上経たないともらえない優待があるんですか?

株主優待がもらえる条件を1年以上にすることで、「長期目線で投資する株主が増える」、「株価が安定しやすい」といったメリットが企業側にあるからです。1年以上経たないと優待がもらえないとなれば、株を売らずに持ち続ける人が増え、株価が下がりづらくなるのです。

たとえば、株主優待を提供している会社の株価は、権利落ち後に急落する傾向にあります。それは、株主優待目的で投資していた株主が、権利落ち後に株を売却するからです。しかし、1年以上経たないともらえない優待であれば、一度手放してしまったら、また1年間保有しないといけないとなりません。そうなれば、かんたんには株を売却しなくなります。

つまり、1年以上の保有を条件にすることで、会社の成長を長期で応援してくれる株主を増やすことができるのです。長期保有する株主が増えると、短期で売る人が減り株価が安定しますので、会社だけでなく株主にもメリットがありますね。

さらに、株主優待がもらえる条件を1年以上にしている会社は、全体相場の下げ局面や業績の悪化時にも株価が大きく下がりにくくなります。ただし、業績が悪化してしまうと優待改悪や廃止のリスクもでてきますので、優待内容だけでなく業績にも注目して投資するようにしましょう。

また、会社によっては保有年数が伸びると優待内容がランクアップする会社もあります。最初に優待をもらえるまで時間はかかりますが、どんどん優待利回りが上がっていくので、株主優待を目的に投資したい人におすすめです!

この記事を見た人は、こちらも読んでいます

この記事を書いた人

スミレ(投資ブロガー)

株式投資歴6年の主婦投資家です。これまでの経験を活かして、株式投資の悩みや疑問を分かりやすく解説します!

詳しいプロフィールはこちら→