楽しい株主優待&配当

  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 中級者
  4. 桐谷さんのように株主優待で生活をする場合、どれくらいの資産がいりますか?

桐谷さんのように株主優待で生活をする場合、どれくらいの資産がいりますか?

桐谷さんのように株主優待と配当金で生活するのに憧れています。いくらくらい資金があれば、実現できるのでしょうか?

どれくらいの収入が欲しいかによって、必要な資金は変わる

必要となる資産額は、その人の日々の生活費によって大きく変わるのでむずかしい話ではあります。

日々の生活コストが少ない人ほど資金も少額で済みますが、 平均年収程度の収入を得るためには「1億円~2億円ほど」の元手資金が必要です。

参考として「総合利回り(配当利回り + 優待利回り)3%」で運用した場合、資金ごとに得られる金額を比較すると以下のようになります。

  • 資産2億円 → 年間600万円
  • 資産1億円 → 年間300万円
  • 資産5,000万円 → 年間150万円

今回は総合利回り3%で計算していますが、もっと高利回りの銘柄に投資すれば少ない資金で足ります。

スミレ

しかし、配当利回りや優待利回りが高すぎる銘柄は、減配や優待内容の改悪・廃止といったリスクがあるので、高利回りすぎる銘柄は注意が必要です。

利回りを追求し過ぎるのは危険が伴うので、リスクを取りすぎずに総合利回り3%程度で考えることをおすすめします。

まずは、生活費の一部がまかなえる資産を目指してみよう

株主優待で生活されている桐谷さんを目標とされているとのことですが、桐谷さんの資産は「1億円」を超えていると推測します。

1億円以上の資金を築くためには長い時間と労力がかかりますし、実際ここまでの資産を作れる人はごくわずかではないでしょうか。

しかし、1億円は無理だから...と資産運用を諦めてしまうのはもったいないと思います。

その理由として、1,000万円以下の資産であっても生活費の負担は減らせられるからです。

スミレ

たとえば、夫婦2人暮らしの場合にかかる主な生活費と、その金額をまかなうために必要な資産額を比較すると以下のようになります。

生活費をまかなうためにはどれくらい必要?
必要な資産額の概算
月2万円
資産800万円で達成!(年間インカムゲイン24万円)
→ 水道光熱費がまかなえる
月5万円
資産2,000万円で達成!(年間インカムゲイン60万円)
→ 食費がまかなえる
月10万円
資産4,000万円で達成!(年間インカムゲイン120万円)
→ 家賃がまかなえる
月15万円
資産6,000万円で達成!(年間インカムゲイン180万円)
→ 生活の半分がまかなえる

資産800万円で水道光熱費がまかなえる、資産2,000万円で食費がまかなえる...というように、資産が増えるにつれて生活費の負担が少しずつ減っていきます。

スミレ

資産運用では、高すぎる目標は挫折にもつながります。そこで、まずは生活費のすべてではなく一部をまかなえる資産を築くことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

こちらの相談記事も人気です

お悩み相談室 室長のプロフィール

スミレ(投資ブロガー)

20代の主婦投資家です。株式投資歴は8年を超えました!「株式投資の育て方」という投資ブログで、株式投資の考え方や注意点などを、初心者の人にもわかりやすく解説しています。

ページ上部へ移動