楽しい株主優待&配当

  1. TOPページ
  2. お悩み相談室
  3. 初心者
  4. 優待のない銘柄は楽しみが持てません。スミレさんはどうお考えですか?

優待のない銘柄は楽しみが持てません。スミレさんはどうお考えですか?

初心者の私は、優待をもらうことがひとつの楽しみになっています。なので、優待制度がない企業には投資する気になれないのですが、スミレさんはどうお考えですか?

私も投資をはじめたばかりの頃は、優待がある銘柄ばかりに投資していました。定期的に優待という形で物が届くので、投資をしているという実感が持てますよね。

しかし、今では優待のありなし関係なく投資を楽しんでいます。なぜかというと、優待がもらえない企業にも投資する価値があると分かったからです♪

優待を実施するにはコストがかかる

株主にとってメリットしかないように思える優待ですが、実は優待を贈る企業はかなりの費用がかかっているのです。

とくに、個人投資家に人気の優待や、配送コストのかかる優待を贈る企業は、優待にかかる費用が大きくなりがちです。

また近年は、優待を低コストで取得する「クロス取引」をおこなう投資家が増え、長期で応援してくれる株主以外にも優待を贈らなければならない場合もあります。

このように、優待にかかるコストが増えれば増えるほど、株主の取り分である当期純利益が減ってしまうことになってしまうのです。

スミレ

優待を廃止して、配当で還元する企業が増えてきている

このような優待にかかるコスト削減のため、優待を廃止して「配当金」という形で、株主に還元する姿勢の企業も増えてきています。

同じ「株主への還元」でも、配当であれば当期に稼いだ純利益の中から株主へ還元すればいいので「優待品にかかる送料」や「発送の手間」などを減らすことができます。

スミレ

優待にかかる費用を節約できるので、その分、配当での株主還元や、自社への投資にあてることができるというわけです。

優待や配当を実施していない銘柄の魅力

続いて、優待や配当を実施していない銘柄の魅力をみていきましょう。どちらも実施していない銘柄には、下記の2パターンが考えられます。

  1. 業績が悪くて優待や配当を出す余裕がない
  2. 将来的な成長への投資をしている

①のような企業へ投資してもあまり旨味はありませんが、②のような企業への投資は、将来的に大きく企業が成長する可能性を秘めています。

スミレ

企業が成長することで株価が上がり、うまくいけば優待でもらえる金額の何倍以上もの儲けが期待できます♪こういった企業は個人的に魅力に感じます。

自分が一番楽しめる投資をしよう!

私の投資スタイルは、株式投資で売却益を狙い、資産を増やすことが一番の目的です。なので、優待や配当はあったらうれしいけど、企業が成長のための投資に使うのであれば無くてもいいと思っています。

ただ、優待や配当がもらえることで、日々の楽しみが増えたり、投資へのモチベーションになると考える人もたくさんいらっしゃるかと思います。

なので、優待をもらうことに楽しみを感じているのであれば、無理に優待のない銘柄に投資する必要もないのでは、と考えています^^

スミレ

最終的には、自分が一番楽しめる投資を選べるといいですよね♪

こちらの相談記事も人気です

お悩み相談室 室長のプロフィール

スミレ(投資ブロガー)

20代の主婦投資家です。株式投資歴は8年を超えました!「株式投資の育て方」という投資ブログで、株式投資の考え方や注意点などを、初心者の人にもわかりやすく解説しています。

ページ上部へ移動