1. TOPページ
  2. 株主優待ブログ
  3. 2019年
  4. コロワイドから居酒屋「甘太郎」などで使える10,000円相当のポイントが届きました!

コロワイドから居酒屋「甘太郎」などで使える10,000円相当のポイントが届きました!

公開日時:2019/04/26

コロワイドの株主優待品 画像

株主優待ユーザーの間で人気のあるコロワイドは、神奈川県に本社を置く外食事業の会社です。コロワイドの系列店には「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトや、ご当地バーガーなども取り入れている「フレッシュネスバーガー」を運営するフレッシュネスがあります。また、海外での事業展開も進める大きなグループです。

そんなコロワイドの株主優待の中身はどんなものなのでしょうか。優待を実際に取得して使ってみたので、使用感や注意点について、実体験を交えつつお伝えいたします♪

コロワイドの株主優待品の内容

コロワイドの優待は、店頭で使えるポイント10,000円相当です。

株主優待は500株からなので、100株では受け取ることができませんが、その分優待内容は豪華です。株主優待はポイント制で、発行されたポイントは1ポイント1円としてコロワイド系列店で使うことができます。また、ポイントを肉や魚といったグルメと交換することができます。使い方はどちらでもOK!

500株以上 10,000円相当のポイント×年4回
★9月時点の株主 12月と翌年3月に各10,000円相当のポイント発行
★3月時点の株主 6月と9月に各10,000円相当のポイント発行

コロワイドの株を1年間持っていると、なんと年間で40,000ポイントがもらえます。

コロワイドについて

コロワイドの業績は好調です。2018年03月期の売上高は 約2459億円。前年から着実にアップしています。和食ブームが海外での売り上げ増加に貢献しているほか、海外旅行客も日本国内のチェーン店に多数立ち寄り、売上を引き上げています。これから東京オリンピックもあるので、コロワイドをはじめとした外食産業を期待視している投資家は多いようです。

コロワイドの株主優待は人気があるため、株価の推移によっては高い買い物になってしまう可能性があるのです。さらに、業績が株価に拍車をかける可能性が考えられます。これから株を買う人は、コロワイドの株価の推移をチェックして冷静に検討することをおススメします。

店で使ってよし!グルメに交換してよし!ただし交換の場合は情報収集を

コロワイドの優待ポイントが発行されて「よし、じゃあお店に食べに行こう」と思っていましたが、なかなか外食に行けそうになかったので、今回は「優待品への交換」に決定。

今までコロワイドの優待ポイントは外食で使っていたので、優待品への交換は今回がはじめてです。優待品カタログをチェックし、10,000ポイントで交換できるグルメを探しました。優待品はコロワイドのサイトでも確認できます。気になる人は一度見てみてくださいね。

10,000ポイントあれば、意外に色々な優待品に交換できるんですよね。和牛肉にマグロ、銀鮭、お酒、スイーツなどなど。どれも魅力的です。高級食材でも8,000~12,000くらいのポイントがあればだいたい交換できるんですよね。

さんざん目移りし、今回は8,000ポイントのしゃぶしゃぶ用和牛肉(500g)と交換することにしました。しかし、後日ネットで確認したら、500gの和牛って3,000円くらいの予算で買えるものもあるようで・・・。細かいことかもしれませんが、もしかしたら店で8,000ポイント使った方がお得だったかもしれないと、ちょっと後悔してしまいました。

味や肉質は大満足でしたし、実際おいしかったんですが、う~ん…(笑)。

コロワイドの優待をお得に活用するなら、カタログギフトの商品の価格帯は調べてからの方がいいかもしれないですね。そっちの方が優待をより有効活用できるのではないかと感じました。

優待品を使うときの注意点

コロワイドの優待ポイントには期限が設定されています。ポイントの期限は付与日から1年。コロワイドの株主優待ページでは、次の優待ポイント発行日をチェックすることができます。期限に注意して有効活用しましょう。

お店でポイントを使う場合は、利用対象外になっているお店があることに注意が必要です。フレッシュネスの店舗であるフレッシュネスバーガーやフレッシュネスカフェでは利用できません。ポイントをあてにして外食する時は、利用対象外の系列店をあらかじめチェックしておきましょう!

コロワイドの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→コロワイドの【最新の株価】はこちら