PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ 松屋フーズホールディングスから牛丼店『松屋』で使える株主優待食事券が届きました!

松屋フーズホールディングスから牛丼店『松屋』で使える株主優待食事券が届きました!

公開日時:2018/10/19

松屋フーズホールディングスの株主優待品 画像

牛丼の定番店である「松屋」をはじめとして、寿司、天ぷら、ラーメンなど、幅広い系列店を展開する松屋フーズホールディングスの株主優待券が届きました。いろいろなお店を展開しているのでどこで使うか迷ってしまいますね。さっそく、ご紹介していきたいと思います。

 

松屋フーズホールディングスの株主優待の内容紹介

松屋フーズホールディングスの株主優待は、松屋フーズホールディングスの系列店(松屋、松のや、松乃家、チキン亭)で好きなメニューを1品オーダーできる優待券です。優待は3月末現在に100株以上の株を持つ株主が受け取ることができ、届くのはおおむね6月下旬頃になります。100株以上の株主に、一律10枚の優待券が届きます。

また、優待券は品物に交換することもできます。会社側が指定する日付(当日消印有効)までに優待券10枚セットで返送すると、松屋フーズホールディングスの食品と交換してもらえます。2018年9月現在は、次の全10パックが代替品として届きます。

・牛めしの具 4パック
・豚めしの具 3パック
・オリジナルカレーの具 3パック

代替品の食品セットは、会社側に優待券が届いた月の翌月になります。

 

優待券が使えない店もありますが、昼食や夕食に便利!

優待券を使うのであれば、せっかくなので、系列店の中でも足を運ぶ機会のなかったお店で食べようと思いました。ターゲットはトマトベースの料理が人気の「トマトの花」です。

「野菜ときのこのトマトスープ麺」に「モッツァレラチーズのスープトマト麺」など、おいしそうと思いつつ、今まで食べる機会がありませんでした。今回やっと食べる機会に恵まれたと思ったのですが、松屋のホームページを確認してみると、トマトの花はなんと優待券の対象外でした。

松屋フーズホールディングスのホームページによると、優待券の対象になるのは「松屋、松のや、松乃家、チキン亭」などの4系列店のみ。4系列店以外はすべて対象外ということでした。これはかなり残念です。松屋フーズホールディングスは松屋以外にも、カレーが中心の「マイカリー食堂」や麺料理を主軸にしている「セロリの花」、カフェの「テラス ヴェルト」などがあります。

優待券は、お客さん側にとっては新しい店を開拓するチャンスになりますし、お店側にとっては新しいお客さんをゲットするチャンスになります。それなのに、優待券が使えるのはたった4系列店だけというのは、ちょっとがっかりだなという印象です。もっと使える系列店を増やしてもらえたらうれしいのですが・・・。

ということで、今回は松屋フーズホールディングスの中でも代表格である「松屋」で優待券を使うことにしました。松屋の牛めしはスタンダードゆえに裏切らないおいしさと、提供されるまでの速さが魅力ですよね。今回も、いつもと変わらないおいしさとサービス内容に満足しました!トマトの花では優待券が使えず残念でしたが、松屋なら10食分をしっかり食べることができるので、お得なことには変わりありませんね♪

特に男性は牛丼が好きな人も多く、食べる機会も多いでしょう。昼夜問わず、ささっと食べたいとき、また、食事代を少しでも浮かしたいな〜というときに真価を発揮する株主優待ではないでしょうか。

 

松屋フーズホールディングスについて

安くて速くてうまい。そんな外食の代名詞が牛丼であり、牛丼チェーン店です。牛丼を売りにしている外食チェーン店の有名どころといえば、吉野屋やすき屋、そして今回優待券を使った松屋で、3つの牛丼店は「牛丼の御三家」とも呼ばれます。松屋は「身近なプライス、安全、おいしさ」をモットーにしていて価格帯やメニューにそれが表れています。

松屋フーズホールディングスの業績に目を向けてみると、直近の18年3月期は増収減益となっています。高単価の定食が売れた一方で、牛肉や米などの価格が上がり原価率が悪くなったことが理由のようです。

ただし、系列の店舗数も少しずつ増えていて、客数は安定した動きを見せています。また、松屋では2018年6月に「復刻メニュー総選挙」というイベントを開催し、投票の多かったメニューが期間限定で復刻され、話題性もあります。今後もこの調子を維持できるか、注目したいものです。

 

優待品を使うときの注意点

松屋フーズホールディングスの優待券を使うときに注意したいのは、お伝えしているとおり使えない系列店があることです。「すし松」、「福松」、「セロリの花」、「トマトの花」、「松軒中華食堂」、「マイカリー食堂」、「ヽ松(てんまつ)」、「テラス・ヴェルト」などでは使えません。逆に使えるお店は「松屋」、「松のや」、「松乃家」、「チキン亭」の国内4系列店に限られます。

そのほか、優待券を使ったとしても、メニューによっては追加料金が発生する場合があります。「ライスの特盛」や「ラージ定食」などは優待券+追加料金になるため注意が必要です。また、優待券は1年ほどの使用期限が定められていることも忘れないようにしたいです。

 

松屋フーズホールディングスの優待情報をさらに詳しく!

松屋フーズホールディングスの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→松屋フーズホールディングスの【最新の株価】はこちら