PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ(2017年版)ユニカフェから優待品としてコーヒー詰め合わせが届きました!

ユニカフェから優待品としてコーヒー詰め合わせが届きました!

公開日時:2017/06/02

ユニカフェの株主優待品 画像

 

ユニカフェの株主優待品の内容

ユニカフェの株主優待は、100株以上をもつことで2,000円相当のドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセットがもらえます。具体的には、下記のとおりです。

■簡易抽出型(フィルター付き)コーヒーパック

「アジアのコーヒー一人旅」
「アフリカのコーヒー二人旅」
各5パックずつ

■コーヒー粉タイプ

「中米のコーヒー三人旅」
「コーヒー4ヶ国ツアー」
各1袋ずつ

どちらのコーヒーもネーミングがなかなか面白いですね。そんな名前からも分かるとおり、コーヒー豆の産地にもそれぞれのこだわりがあります。

 

  • アジアのコーヒー 一人旅
    インドネシア産
  • アフリカのコーヒー 二人旅
    タンザニア産、ケニア産
  • 中米のコーヒー三人旅
    グアテマラ産、コスタリカ産、ホンジュラス産
  • コーヒー4ヶ国ツアー
    グアテマラ産、コロンビア産、インドネシア産、タンザニア産

 

コーヒーの数字にはブレンドされている豆の数という意味合いがあったんですね。これら4種類のコーヒーを「杯数」に換算してみると約25杯分ほどあります。1日1杯飲んでも約1か月のあいだ楽しむことができますね♪

ちなみに、他にもコーヒーがもらえる株主優待について触れておくと、「ダイオーズ」「キーコーヒー」「バルニバービ」などがあります。また、「コメダホールディングス」や「ドトール・日レスホールディングス」は、それぞれの店舗で使えるポイントやプリペイドカードがもらえるので、こちらもチェックしてみてください。

 

ユニカフェについて

ユニカフェはUCCホールディングスの子会社で、缶コーヒーなどの原料となる工業用コーヒー市場で大きなシェアを占めています。ユニカフェの主力の事業は工業・業務用コーヒー製品の提供です。家庭用の製品もありますが、メインは工業・業務用なので直接製品を見る機会は少ないイメージですね。大手の飲料メーカーと取引があり、特にコーヒー焙煎豆の提供については業界のトップクラスです。

そんなユニカフェの、最近の大きなニュースとしては、今期から決算期が3月から12月になったこと。親会社であるUCCホールディングスの決算月変更に合わせて、ユニカフェも変更となりました。今回の決算は9か月の変則決算でしたが、営業利益が大幅に落ち込むなどマイナス要素が目立つ決算でした。コーヒー生豆相場の影響を強く受けてしまうので、先行きが不透明な現状はかなり厳しいようです。

しかし、コーヒー業界には明るい話題もあります。近年、コンビニコーヒーが普及したこともあり、コーヒーの国内消費は4年連続で過去最高見込みとなっています。ユニカフェも販売数量は増加しているので、今後の業績回復に期待したいですね。

 

優待をもらうときの注意点

決算期の変更に伴い、株主優待の権利月も12月末日に変更になっています。今まで保有されていたかたや、新しく株を買われるかたもご注意ください。権利月変更に伴う優待内容の変更はありません。

 

ユニカフェの優待情報をさらに詳しく!

ユニカフェの権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→ユニカフェの【最新の株価】はこちら