PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ(2017年版) 高島屋から10%割引が受けられる株主優待カードが届きました!

高島屋から10%割引が受けられる株主優待カードが届きました!

公開日時:2018/02/21

高島屋の株主優待品 画像

 

高島屋の株主優待品の内容

高島屋の優待は、全国の「高島屋」や「高島屋オンラインストア」で使える株主優待カードです。このカードがあれば、高島屋での買い物時に10%割引が受けられます。高島屋が販売する衣料品や日用品を買う際に使えるので、買い物に出かける時に持って行くとお得に買い物ができます!わたしも家族への誕生日プレゼントや、贈り物などを買う際によく使っていますが、高いものほどお得感が増すのでとても重宝しています。

 

高島屋について

江戸時代後期に京都で創業した古着店が発祥の百貨店です。本店である大阪店を中心に、日本橋や新宿、京都などに出店しています。また、関連会社が同じ高島屋ブランドで「ジェイアール名古屋タカシマヤ」や「シンガポール高島屋」などを運営中です。

他店と違って全世代に対応した幅広い種類の商品を取り扱っており、個性的な店舗が多いのが特徴です。例えば、日本橋高島屋は百貨店初の重要文化財に指定された店舗で、現在でも創建時の外装・内装を残しています。店内のエレベーターでは案内係が手動で操作してくれるため、昭和の百貨店の雰囲気を味わうことができるそうです。

また、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催されるバレンタインイベントは、全国の百貨店のイベントと比べても売上・規模が最大級のものとなっています。株主優待カードを持って、旅行や出張の際に全国の高島屋巡りをしてみるのも面白いかもしれませんね。

 

業績と業界の動き

売上高は頭打ちの印象を受けますが、ここ数年を見ると利益率が上昇しています。背景には、高島屋カードの会員数と利用頻度が増えたこと、東京五輪や名古屋駅の大規模開発によって建設部門の工事が順調に進んだこと、カタログの発行回数などを見直して利益率をアップしたことがあります。

百貨店業界全体の動向を見てみると、10年ほど前から訪日外国人による消費が活発になり業界規模が拡大してきましたが、近年は業界規模の伸びがゆるやかになっています。その中で、いかに外国人や若者を取り込むかが勝負になってきており、免税制度を充実させたり、若者向けに品ぞろえを変更したり、イベントを開催したりと、各社がさまざまな手を打っています。

しかし、日本全体の人口減少や消費の変化を受けて、経営が困難になってきているのも事実。百貨店の経営統合を進めて業務の効率化をはかり、新たなコンセプトの百貨店として『あべのハルカス』や『GINZA SIX』などをオープンするなど、近年は観光スポットとして注目される場所が増えてきました。

厳しい経営環境ですが、いままでの百貨店のイメージにとらわれない店舗づくりを進め、効率的に集客〜売上につなげていくことが、業界の今後を左右していくかと思われます。

 

優待品を使うときの注意点

株主優待カードには使用期限があります。はじめに期限を確認するようにしましょう。また、株主優待カードが使えるのは、国内の高島屋とオンラインショップが販売するものだけです。海外の高島屋や、高島屋に入っているブランドの専門店などでは使うことができないので注意してください。

 

高島屋の優待情報をさらに詳しく!

高島屋の権利確定日や優待回数など、さらに詳しい優待情報は個別の優待紹介ページを参考にしてください。

→高島屋の【最新の株価】はこちら