PC表示スマホ表示
株主優待・配当の基礎
トップ株主優待・配当の基礎 > 実際に株の売買をする

実際に株の売買をする


株を実際に買う前に、証券会社にお金を振り込んでおいてください。前金制なので、証券会社に残高がないと株を買うことはできませんので注意しましょう。


さて、それでは実際の注文に入ります。買い注文の際には、『どの株(銘柄)を、どれだけ(株数)、どんな注文方法で(成り行き注文、指値注文)、いつまでに(注文の有効期間)買うか』を決めるだけです。
買う株の銘柄は前のページで選んだことにして、その後の「株数」、「注文方法」、「注文期間」について見ていきます。


1 株数を決める
欲しい株数を注文に出します。理論上、100万円持っていれば株価1,000円の株を1,000株買うこと(1,000円×1,000株=100万円)ができます。10万円で持っていれば、1,000円の株を100株買うこと(1,000円×100株=10万円)ができます〔いずれも手数料は考慮していません〕。


ですが…ここで忘れてはいけないことがあります。それは「単位株制度」です。これは何かといいますと、銘柄によって株を買える単位がまちまちということです。例えばA銘柄は株価が1,000円で単元株が1,000株であるとします。この場合、最低の1単位で購入しても1,000円×1,000株で、少なくとも100万円は必要になります。私は10万円しか持ってないから100株で注文する!ということは通常はできません。…でもがっかりしないでください。10万円でも買う方法はあります!

それは「ミニ株」です。ミニ株であれば、1株単位で買うことができます。なので、ほとんどの銘柄が1万円でも取引できます(マネックス証券のワン株)。ミニ株を取り扱っていない証券会社もありますので、ミニ株を利用する際はご確認ください。
注)配当はもらえますが、 1単元まで株を保有しないと、株主優待はもらえません。

【ミニ株を取り扱っている証券会社】
マネックス証券(ワン株)
カブドットコム証券(プチ株)
SBI証券(S株)

ミニ株


2 注文方法、注文の有効期間を決める
まず注文方法ですが、「成り行き注文」と「指値注文」があります。

成り行き注文」というのは、その名のとおりで、買い値を相場の成り行きにまかせます。「買いたいから誰か株を売ってくださ〜い!」という状態です。あまりにも取引がない銘柄は、とんでもない買い値になることがありますが、通常は適正価格で取引されます。成り行き注文での注文の有効期間についてですが、成り行きの場合は決める必要がありません。その理由は、売り手がいれば、取引が成立する可能性が高いからです。普通であれば成り行き注文を出せば、すぐに約定します。簡単な注文方法です。


指値注文」というのは、その名のとおりで、買い値を自由に設定できます。そのかわり、設定した買値以下での売り注文がなければ、いつまでたってもその株は買えません。そのため、指値注文は約定するのに時間がかかることが多いです。時間がかかるかもしれないということは、いつまでその注文を出し続けるかを決めなければなりません。注文の有効期間の設定をしない場合で注文が成立しなかった時は、当日限りでの失効となります。前のページでも触れましたが、失効した場合は改めて成り行き注文をするか、買い値をあげて指値注文するかを検討する必要があります。また、注文の途中でも約定していなければ注文の訂正取り消しをすることもできます。


このように、2つの注文方法には良い面と悪い面がありますので、その場に応じた判断で使い分けが必要です。


次は、権利確定日を待つについてみていきます。この日に株を持つことにより、株主優待や配当がもらえるので、覚えておく必要があります!!


1.配当(配当金)とは? 2.株主優待とは? 3.証券会社に口座を作る
4.どの会社の株を買うかを決める 5.実際に株の売買をする 6.権利確定日を待つ
7.株主優待・配当が届く 8.権利確定日カレンダー