PC表示スマホ表示
 株主優待ブログ 優待で日々の生活に潤いを!
トップページ優待ブログ ドトール・日レスホールディングスから優待品としてプリペイドカードをいただきました!

ドトール・日レスホールディングスから優待品としてプリペイドカードをいただきました!

公開日時:2017/07/31

ドトール・日レスホールディングスの株主優待品 画像

全国にコーヒー店をチェーン展開する、ドトール・日レスホールディングスから株主優待が届いたので紹介します。

 

ドトール・日レスホールディングスの株主優待品の内容

ドトール・日レスホールディングスの優待は、ドトールバリューカードです。全国のドトールコーヒーショップ各店舗の取り扱い商品の購入に10ポイント=10円単位で利用可能です。

保有株数に応じて貰えるポイントが変わります。

  • 100株保有 1,000ポイント(1,000円相当)
  • 300株保有 3,000ポイント(3,000円相当)
  • 500株保有 5,000ポイント(5,000円相当)

持っている株数に比例してもらえるポイントも増えていくので、利用する頻度に合わせて株数を調整するのアリですね!いまのところ上限は、500株保有時の5,000ポイントとなっています。

優待制度でもらえるドトールバリューカードは、通常販売しているものと少しちがうので注意がいります。主な違いとしては、「チャージができない」、「残高の有効期限が1年」などです。コーヒーチケットをもらったような感覚が近いかもしれません。

 

ドトール・日レスホールディングスについて

ドトール・日レスホールディングスは、前身である「ドトールコーヒー」と「日本レストランシステム」が経営統合して設立されました。経営統合後は、ドトールコーヒーが「ドトールコーヒーショップ」などのカフェ事業を、日本レストランシステムが「洋麺屋 五右衛門」や「星乃珈琲店」などのレストランチェーンを展開しています。

業績は、ここ数年堅実に右肩上がりで、これには星乃珈琲店の出店拡大が大きく貢献しているようです。直近の決算も売上高は計画未達ですが、営業利益が前年比11%増と順調な成長を見せています。

今期の計画を見ると、グループ全体で100店ほどの新規出店を計画しています。さらに営業利益、経常利益ともに約5%増を見込んでいることから、今後もこの成長は堅実に続いていくのではないでしょうか。

 

優待券を使うときの注意点

優待カードは使い切りタイプとなっており、チャージや他のカードへの残高移行はできません。残高の有効期限は、カード発行日より1年間となっています。その他詳細は公式サイトにてご確認ください。